2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 22、23日と続けて用事。 | トップページ | 続々・氷室冴子さん。 »

2008年6月23日 (月)

続・氷室冴子さん。

 ここにも書いたが、ふぇみん(6月25日号)にも、氷室冴子さんを悼む記事を発見した。栗田隆子さんが番外編として「少女小説の氷室冴子さん死去」と題している。普段は、「フェミニズムの瞬く場所」と題した連載で、今回は異色。それは、栗田さんも

 今回は「号外」となっていること、お許しください。この人のことについて書かなければ、私にとっての「フェミニズムの瞬く場所」にならないと思ったので、フェミニズム、という言葉に出会う前の「原フェミニズム体験」のひとつが氷室冴子作品との出会いだったので…。

と書いている。ここまで、追悼している人がここにいるんだと感慨とともに、中学生の頃に読んだ作品の数々を、少しずつ思い出す。当時は、そのように意識して読んでいたかどうかはともかく、確かに、氷室作品には現在で言うジェンダー視点があったように思う。逆に考えれば、それだからこそ、中学生の頃の私は好んで読んでいたとも言えるかもしれない。

 記事を読みつつ、そんなことを考えた。それでも、随分時間が経っている。小説そのものの記憶はあいまいだ。久々に、氷室作品を読んでみたくなった。今の自分には、また違った発見があるような気がするからだ。

 90年代後半より絶筆状態だったことも、ここで知った。そうだったのか。自分の関心のあるジャンルからは出てしまったために、私が知らないだけかと思っていたが、そもそも書かれていなかったとは。

 この記事、よいです。

見本誌の申込み

« 22、23日と続けて用事。 | トップページ | 続々・氷室冴子さん。 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

発見。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・氷室冴子さん。:

« 22、23日と続けて用事。 | トップページ | 続々・氷室冴子さん。 »

世界時計