2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 『論争 日本のワーク・ライフ・バランス』を読んで。その3 | トップページ | 14枚目を見てください。伸びすぎ。 »

2008年8月24日 (日)

映画『ブタがいた教室』を観て、ベルマークをゲットしよう!

 2008年8月23日付新聞記事(ここ)にあるように、映画鑑賞券にベルマークをつける試みが始まっているようです。小学生の頃、教室でベルマークを集めていたような気がするのですが、小学校に縁がなくなってからもうずいぶん経つので、ベルマークのことは久々に思い出しました。まだこの活動は続いていたのですね。教育設備購入額が昨年度は約5億円だったそうです。そのうち1割が「地方の学校や災害被災校、養護学校、海外」の子どもたちに向けて使われるのだとか。知りませんでした。

ブタを育てた小学生の感動の実話「ブタがいた教室」妻夫木聡主演で映画化

ブタを育てた小学生の感動の実話「ブタがいた教室」妻夫木聡主演で映画化

 さて、『ブタがいた教室』ですが、原作は『豚のPちゃんと32人の小学生 - 命の授業900日』(2003年6月刊)だということです。この授業に対しては、賛否両論あるようです(amazonのレビューを見ました)。原作と映画は必ずしも同じものとはいえないと思いますが、「賛否は観てから(読んでから)」することかと思います。そのためにも、ベルマークをゲットするためにも、機会があれば観てみたいと思うような情報でした。豚のPちゃんと32人の小学生―命の授業900日

« 『論争 日本のワーク・ライフ・バランス』を読んで。その3 | トップページ | 14枚目を見てください。伸びすぎ。 »

発見。」カテゴリの記事

社会のしくみを学習。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブタがいた教室』を観て、ベルマークをゲットしよう!:

« 『論争 日本のワーク・ライフ・バランス』を読んで。その3 | トップページ | 14枚目を見てください。伸びすぎ。 »

世界時計