2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« トビウオはすごいです、魚なのに。 | トップページ | アルゼンチンババアー理想の女性の物語。中年男性の成長物語。 »

2008年11月 4日 (火)

The Living Library to launch in Japan.

 以前、生きている人間を「本」として貸し出すことで相互理解が進む「生きている図書館」という話題を取り上げましたが(ここ)、そこでも世界に広がっていると紹介されていました。これも、その1つなのでしょうが、日本でも新たな試みがなされるということを発見しました。

 ↓は、The LIVING Library Network Organisationのロゴですけども、Take out your prejudiceとあるのが、おもしろいですね。偏見はないことになっている(ような気がする)日本の状況とは逆に、偏見の存在を前提としてそれを払しょくする機会をもつことを奨励するところが興味深いです。

Gx_living_library_logo

 

 サイトを見ても、偏見のない人はひとりもいない、などと言っています。このサイトおもしろいので、お薦めです。

ここより抜粋。

TV documentary on NHK in Japan.

The national television company NHK is currently producing a 30 minute documentary about the Living Library concept and its introduction to Japan. The program is set to air the week before the launch event in Kyoto. Another Living Library is scheduled to take place on January 14th, 2009, in a Tokyo High School.

 日本でも、近々試みられる予定があるとのことは、↑にあります。ちょうど、Assistive Technology and Augmentative Communication Conference 2008(ATACと略すらしい)というイベントが12月に京都で開催されるらしいです。ここにその情報があります。これは、日本語サイトのみのようですが。

[日時]
2008年12月5日(金)~ 12月7日(日)

12月5日(金)プリカンファレンス
10:00-16:45(9:30受付開始)

12月6日(土)メインカンファレンス
9:30-16:50(9:00受付開始)
17:00-18:30(特別セッション)

12月7日(日)メインカンファレンス
9:30-16:00(9:00受付開始)
[場所]
国立京都国際会館
[http://www.icckyoto.or.jp/jp/]
〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池
[主催]
ATAC,特定非営利活動法人 e-AT利用促進協会

« トビウオはすごいです、魚なのに。 | トップページ | アルゼンチンババアー理想の女性の物語。中年男性の成長物語。 »

ニュース」カテゴリの記事

発見。」カテゴリの記事

図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Living Library to launch in Japan.:

« トビウオはすごいです、魚なのに。 | トップページ | アルゼンチンババアー理想の女性の物語。中年男性の成長物語。 »

世界時計