2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 他者を置き去りにすれば、いずれ、自分も置き去りにされる。 | トップページ | 何を祈っておられるのですか? »

2008年12月30日 (火)

年の瀬に、迷っています。その2

(ここからのつづき)

え:ええと、エゾシカさんですか?

生き物:違うよ。トナカイだよ。ほら、この角を見てごらん。

え:えっ?トナカイさんでしたか。それは、失礼しました。

トナカイ:いや、いいよ。あたし、よくオスと間違えられるし、いろんな間違いには慣れているから。

え:ああ、メスのトナカイさんでしたか。角が立派ですよね。

ト:そうなんだ。シカの仲間で、メスにも角があるのは、トナカイだけなんだ。だから、よくオスのシカと間違えられるんだよねぇ。

え:それは、いやですねぇ。

ト:うん、まぁ、トナカイの業界では、性別なんか、あんまり関係ないんだけどさ。

え:そうなんですか?

ト:そう。ただ、別の種類のシカのオスから、メスのシカをめぐる争いのライバルとして、敵視されることがあって

え:へ~

ト:この角、かっこいいじゃない?

え:はい、それはもう。

ト:だから、シカのメスにもてるんですよ。

え:ああ、そうなんですか。

ト:そう。だからね、シカのオスに

え:嫉妬される?

ト:まぁ、平べったく言うと、そういうこと

え:なるほど、平べったく言うとね。

ト:そう。

え:でも、どうして、トナカイさんたちだけ、メスでも角があるんでしょうね?

ト:それはさ~

え:はい

ト:あたしたちの住んでいるところは

え:うんうん

ト:北極圏なわけですよ

え:ええ

ト:だから、男女共同参画、なわけよ。

え:???

ト:つまりね、

え:はい

ト:北欧は男女平等が進んでいるじゃない?

え:はい

ト:それは、人間の業界だけじゃないってこと

え:ええ、そうだったんですか?

ト:そうです。

え:でも、「男女共同参画」って言葉は、日本固有のものだと思うのですが

ト:まぁね。国際的には通用しないと思うけど

え:ええ

ト:あたしは、日本に商用で来ることもあるから

え:そうなんですか?

ト:そうなの。だから、知っておかないとね。

え:なるほど…それで、どういったお仕事をされているのですか?

ト:それはさー

え:はい

ト:トナカイで、かつ、商用で日本に来ると言えば、決まってるじゃない

え:ええと、…あ、サンタのソリをひく方でしょうか?

ト:そうそう

え:ああ、そうだったんですか。それはそれは、大変なお仕事ですね

ト:まぁね。

え:では、年に1回の一大イベントが先日終わったばかりなのですね

ト:ああ、それが、今年はさー

え:はい

ト:原油高で

え:ええ

ト:おまけに、この円高でしょう?

え:はい

ト:外国から日本にやってくるのは、とっても大変なんだー

え:ああ、そうでしょうねぇ。

ト:それで

え:はい

ト:今年は、日本はお休みにしたんだって

え:えー

ト:あたしが決めたんじゃなくて、サンタが決めたんだってば

え:そうだったんですか、それにしても

ト:だから、サンタ来なかったでしょ?

え:はい、うちにはいらっしゃいませんでしたが、それは別に

ト:おかしいとは思わなかった?

え:いえ、特には

ト:ちょっと鈍いんじゃ?

え:はい、鈍いことは否定しませんが、でも、サンタさんは、うちには例年も来られませんので。

ト:そんなはずはないよ

え:いや、しかし。お言葉ですが、昨年もいらっしゃった形跡がありませんでしたが

ト:サンタが来たからといって、必ずしも、靴下にプレゼントが入っているとは限らないんだよ

え:えっ?サンタさんからは、靴下にプレゼントを入れてもらうのが、国際的な取り決めになっているとばかり思っていましたが

ト:あなた、ちょっと情報が古いよ

え:そんなはずは…毎日世の中の動きをチェックしているつもりなのですけども

ト:だけど、今年、サンタが日本は回避したことも、知らなかったじゃない?

え:はい、面目ない。でも、それは、例年、うちには来られないので、気がつきにくい、という個別の事情も汲んでいただけると

ト:いや、さっきから、昨年は訪問しているはずって言ってるでしょ?

え:はい、でも、さっきから、昨年もいらっしゃらなかったと言っているのですけども

ト:だから、ブツの有無は、サンタ訪問の証拠にはならないってこと

え:そうなんですか?

ト:そうそう

え:では、昨年はうちにはサンタさんは、何をしにいらっしゃったのでしょうか。

ト:それはね、望みのものを渡しにきたんだよ

え:でも、何もいただいていないし、第一、お会いしていないのです。

ト:あのねぇ、サンタが、あのいわゆるサンタの恰好で来ると思っていないでしょうね?

え:いや、思っていますが、違うのですか?

ト:もう、これだから、サンタの事情に疎い人は困るよ

え:すみません。たしかに、そういう情報にはとっても疎くって

ト:サンタは、人間の男性だと思ってる?高齢の

え:はい、思っています。

ト:違う違う。

え:では?

ト:いや、それは、やっぱり、あたしの口からは言えないや。

え:え~

ト:ごめんごめん

え:教えてくださいよ

ト:だけど、業務上知りえた秘密には、守秘義務があるって、あなたも知っているでしょう?

え:はい、私も業務上の秘密はきちんと守っているつもりですよ。

ト:だったら、あたしが言えない事情も汲んでよね

え:…はい、わかりました。それにしても、気になりますね。

ト:まあね

え:では、昨年の私へのプレゼントは何だったのかについては?それも、守秘義務に抵触しますか?

ト:いや、ただ

え:ただ?

ト:それは、自分で気がついたほうが

え:…また…

ト:ん?何か言った?

え:あ、すみません。トナカイさんに対してだけ、というわけではないのですが、不思議世界では答えを教えてもらうことがなかなかなくって…

ト:ああ

え:みなさん、自分で考えろとおっしゃいますが

ト:うんうん

え:わからないから、お尋ねしているわけだし

ト:うんうん

え:謎がどんどん増えて

ト:うんうん

え:記憶容量が

ト:うんうん

え:はみだしそうです。

ト:はみだす?

え:はい、「わからない」で一杯です。

ト:なるほど…それは、ちょっとつらいかもねぇ

え:はい、ご理解いただけると

ト:そうだね。じゃあ、少し言うけど

え:はい

ト:あっ!

え:えっ?

ト:やだやだ、時間だよ。ごめん、次の用事があるから

え:え~、待ってくださいよ。ヒントもまだだし、それよりも、道案内のために、むささびさんが呼んできてくれた生き物でしょう?

ト:そうだけど、あたしにも用事があるしさ

え:いや、そうでしょうが、私も人間として帰宅して掃除をしなければ

ト:まぁ、ここで少し待っててよ。誰か来ると思うから

え:本当ですか?

ト:うん

え:頼みますよ。

ト:うん、じゃあ、悪いけど、またね~

え:はい、お気をつけて

 ああ、不思議世界の出口も教えてもらえなかったし、謎が増えただけだったよ。もう少し、親切な生き物が来てくれるといいなぁ。

生き物:ちょっと、

え:えっ?

生き物:もしもし

え:あ、トナカイさんに頼まれて来てくださった方ですか?

生き物:そうだよ。

ここにつづく)

« 他者を置き去りにすれば、いずれ、自分も置き去りにされる。 | トップページ | 何を祈っておられるのですか? »

そうぞう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬に、迷っています。その2:

« 他者を置き去りにすれば、いずれ、自分も置き去りにされる。 | トップページ | 何を祈っておられるのですか? »