2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 出生率の低下を防ぐには、雇用対策が大切、だそうです。 | トップページ | ココログの本日おすすめ記事にエントリーされました。 »

2009年2月 1日 (日)

しょうがさん、ともに闘おう、今月も。相手は冷えです。

からだポカポカしょうがレシピ129(文化出版局)

からだポカポカしょうがレシピ129 (大型本)
(行正 り香著、2009年)

 冷え対策に、こういうものはいかがでしょうか。129もしょうがを使った料理を紹介してくださっています。このむずかしい名前の著者は、この冬発売されていた永谷園のしょうがシリーズを担当なさった方のひとりだそうです。

 永谷園には、生姜部というところがあるそうです(ここ)。私は先ほど知りましたが。ただ、そこが企画・販売していた生姜商品である「冷え知らずさんの生姜シリーズ」(ここ)のカップは知っていて、一時よく利用させてもらっていました。生姜参鶏湯、生姜とん汁、生姜ココナッツカレースープ、生姜おこげの4種類あると思っていたのに、生姜ぞうすいというのもあって、実は5種類だったのですね。4種類知っていただけでなく、どれも食べたことがあるというのは、相当知っていると言ってもよいのかもしれませんが。生姜が入っているだけあって、食べると非常に温まり、午後からの活動が活発になります(経験者談=私)。

 しかし、このシリーズ、カップものだけかと思っていたら、いろんなのがあるんですね。他のも試してみたくなるではないですか。

 最初にもどって、レシピ本ですが、いろいろなアイデアですばらしいです。このしょうがのに限らず。ただ、私としては、こういう本を購入すると、それを作ってくれる人もついてくるといいなぁ、そうすれば、おいしそうなのを順番に作ってもらうのになぁと思うわけです。甘いですか?ええ、存じております。だから、「もれなく」などとつけ上がったことは言わず、抽選で、くらいでどうかと思っているのですけども。ダメですかね?そうですか。

 まぁ、飲み物に入れるくらいで、生姜摂取に励みたいと思います。今月は。

« 出生率の低下を防ぐには、雇用対策が大切、だそうです。 | トップページ | ココログの本日おすすめ記事にエントリーされました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょうがさん、ともに闘おう、今月も。相手は冷えです。:

« 出生率の低下を防ぐには、雇用対策が大切、だそうです。 | トップページ | ココログの本日おすすめ記事にエントリーされました。 »