2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« カプチーノとマンゴーのケーキ。 | トップページ | 仕事の幅を広げるヒントがある本、らしい。 »

2009年7月20日 (月)

羽の生えた猫兄弟に小さい妹が。

帰ってきた空飛び猫 (講談社文庫)

『帰ってきた空飛び猫 』(講談社文庫) (文庫)
アーシュラ・K. ル=グウィン (著), Ursula K. Le Guin (原著), 村上 春樹 (翻訳)

 先日、羽が生えた猫の話について書きましたが(ここ)、今日はその続編です。

 4兄弟姉妹で暮らしていた羽の生えた猫たちですが、街で暮らしているお母さんのことが気になり、2匹が飛んで見に帰ることに。

 そこで、続編の表紙にもあるように、黒い小さな羽の生えた猫に出会います。これが、同じお母さんが産んだ妹だったのでした。

 羽の生えた猫たちのお母さんは、羽の生えていない猫なのですけども、再婚して産んだ子どもにもまた羽が生えていたという…。羽の生えた猫よりも、その母である猫を研究したい気持ちにさせられますね。ですが、母猫は母猫で、もともと居た住処の環境の変化によって、別のところで暮らすことを決意していたのでした。

 続編の次に、第3弾と第4弾もあるようです。アレキサンダーは3話目で出てくる羽のない猫のようですが、ジェーンというのは黒い小さな羽の生えた妹猫のことです。

『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』

素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち (講談社文庫)

『空を駆けるジェーン』

 どうも作者も、羽の生えた猫たちがお気に入りのようですね。

空を駆けるジェーン (講談社文庫)

« カプチーノとマンゴーのケーキ。 | トップページ | 仕事の幅を広げるヒントがある本、らしい。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽の生えた猫兄弟に小さい妹が。:

« カプチーノとマンゴーのケーキ。 | トップページ | 仕事の幅を広げるヒントがある本、らしい。 »