2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 時間の流れと、その感じ方。 | トップページ | 中秋の名月 »

2009年10月 3日 (土)

좀더천천히.

読み方は、チョム トー チョンチョニ です。

意味は、もっとゆっくり。

좀더(チョムトー)が、もっと、にあたります。

もっとパンをください。だと、빵을 좀더 주세요. パンウル チョムトー チュセヨ

チュセヨはください、ですから、お腹が空いていて、困ったら、言ってみるといいですね。親切な韓国の方が、パンをくれるかもしれません。あと、屋台とかで焼いている食べ物とかも、名前がわからなくても、指して、「チュセヨ」と言うと、くれるかもしれません。が、あとで、代金を請求されても払えない場合は、「ください」とは言わずに、

배가 고픕니다. (ペガ コップムニダ)。お腹がすいています。

곤란합나다.  (コル ラン ハムニダ)。困っています。

この2つのフレーズを、言って相手の様子を伺ってみるといいかもしれません。なんとなくかわいそうな気がして、ただで何か食べるものをもらえるかもしれません。

 なんとなく、もっとゆっくり、したい気分のときは、呪文のように唱えてみるといいかもしれません。からだを休めることも大切です。

« 時間の流れと、その感じ方。 | トップページ | 中秋の名月 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

異国語の勉強。」カテゴリの記事

コメント

えふさん
 今日も韓国語入門ありがとう。ところで
「곤란합나다. (コルラン ハムニダ)。困っています」とありましたが、「コンラン ハムニダ」の書き誤りだと思います。コンランは「混乱」。。ではなくて「困難」ですね。コンランハムニダは「困難します」の意味になりますから、「している」という点を強調すれば、「困っています」は
  곤란하고 있습니다
 コンランハゴ イッスムニダ
というほうが、いいかもしれません。
「ゴ イッスムニダ」は「~している」という言い方ですね。
  ところで「コマ スムニダ」という表現もありますが、これは「ありがとうございます」の意味で「困っています」わけではありません(笑)。「コマ」っというのは、対応する漢字が無く、朝鮮古来の言い方だそうです。よく会話集に感謝の言葉としてカムサハムニダ以外に「コマ ウォスムニダ」というのが紹介されていますが、これは過去のことに対する感謝で、「ありがとうございました」の意で、日本では「ありがとうございます」でも「ありがとうございました」でも、あまり使い分けていないようですが、韓国では区別している、と韓国人学生がいっておりました。
 

야마구지찌 안녕 하져요.

저의 이름은 에후 입니다.(私の名前は、えふです) 에후をえふとしました。

곤란합나다.は確かに、「ㄴ」がアルファベットだと、「n」に相当するから、「ン」と発音するほうが正解ですよね。この人の「教本」には、最初の「ル」になっていたんですが、誤植かもしれません。

 ご紹介の、「ありがとう」の丁寧な言い方に現在形と過去形があって、区別するというのは、おもしろいですね。この人は、日本語でも、比較的、「ます」と「ました」は分けて使用していますが、言われてみれば厳密にわけなくとも、日本ではさほど違和感がないですね。

 私は以前からおもしろいと思っているのに、

안녕히 계세요. (アンニョイ ケーセヨ)
안녕히 가세요. (アンニョイ カセヨ)

の区別があります。両方とも、日本語だと別れの挨拶である「さようなら」ですが、前者は「見送られる人」が言うもので、後者は「見送る人」が言うのだという区別があるのですが。

 日本語だと、たとえば、
「お邪魔しました」
「気をつけてお帰りください」
くらいの違いと理解できるのでしょうか。

 言葉は文化とセットだとはよく言われますが、ちょっとした挨拶でも、その背景がわかるのとわからないのとでは、理解に違いが出てくるような気がします。

 おもしろいです。

えふさん
 안녕히 가세요(アンニョンヒ カセヨ)はアンニョンが「安寧」で간다 (カダ)が「行く」の意味ですから、
  「安寧に、行ってらっしゃい」の意味となり、だから見送る立場の「さようなら」になります。
  一方안녕히 계세요. (アンニョヒ ケセヨ)のほう(これはケーセヨとは伸ばさないと思います)は계시다(ケシダ)が「居る」という言葉の敬語形で「いらっしゃる」の意味でなので、
  「安寧に、お過ごしください」の意味となり、それで去る人の「さようなら」になるのです。
  ですから、日本の「さようなら」が、もともとは「それならば」のことで「では。。。」という感覚に近いのに、韓国語ではより具体的意味なので、去るほうと送るほうで言葉が違ってくるのですね。

訂正
  アンニョヒケセヨ ー> アンニョンヒ ケセヨ

山口一男さん

 なるほど。それで、見送る人、見送られる人で挨拶の言葉が違っているのですね。

 ところで、安寧はアンニョンですが、안녕히の녕히は「ん」と「ヒ」がリエゾン(というのかわかりませんが)して、「アンニョヒ」あるいは「アンニョイ」みたいな発音になったりはしないのでしょうか?

えふさん
   この質問には正確な答えを知りません。
確かに「ヒ」と強く発音しないし、hは聞こえない
感じもしますが、口の動きはどうなんでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 좀더천천히.:

« 時間の流れと、その感じ方。 | トップページ | 中秋の名月 »