2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 爪が紫に。 | トップページ | おまけ、してくださっても、よろしくってよ。 »

2010年2月13日 (土)

ディスコミの一日。

Ca390755

 今日のヒルゴは、これ、でした。ヒルゴ(=昼ご飯)と言っても、15時頃になってしまったのですが。

 鶏肉とゴボウのトマトカレー煮とかいう名前でしたが、ニンジンやジャガイモも入っていました。温かくて召し上がるとからだが温まりました。

 今日は、みぞれ混じりの雨が降っておりましたので、かなり冷え冷えだったのです。

 午前中に、いくつかの用事を済ませた後、渋谷まで出かけまして、そこでも用事を済ませ、さらに、書店に寄ってから、ヒルゴとなったのですが、1つ目の用事で先月お願いしておいたことがうまく通じていなかったのか、初めて聞いたような対応でした。が、先月すでにお願いしておきましたよ、と言って、なんとか、済ませることができました。これが1つめのディスコミ。

 その後、2つ目の用事で、「2箱ずつ」と言ったのですが、「1箱ずつ」になりかけていて、再度「2(に)」と言いまして、2箱ずつになりました。これが2つ目のディスコミ。

 その後、鶏肉とゴボウを食べたのですが、これは、おいしかったです。が、この人(=私)がコップの水をこぼしてしまい、店の人が片付けに追われておられました。すみません。

 

Ca390756  久々に、通りすがったのですが、いつのまにか、違う店になっていました。こんな感じです。ランチの時間帯も過ぎてしまっているので、人がいませんでしたが、あとから、御茶をしにくる人が数組いました。

 16時までランチをしているようで、この人がオーダーしたのは、Aランチでした。Eランチくらいまでありました。珍しいですね。

Ca390757

 どのランチメニューにも、飲み物がついているようなのですが、食後にもってきてもらうように頼んでおいたら、デザートもついてきました。バレンタインだから、サービスらしいです。

 ただ、他の期間には何もないのかどうかは、初めて行った店なので、わかりません。

 珈琲は、この見た目のタイプで、よくある味でした。って、うまく説明できませんが、どこか別のところでも、飲んだ記憶があるような、ドリップコーヒーでした。まずくはありません。

 デザートは、右のがチョコ味で、少しアルコールの何かが入っておりました。ブランデーくらいでしょうか。わかりませんが。

 左のは、パンナコッタ的なものでした。赤いのは酸っぱいベリーのソースでしたが、なんだろう、正確にはわかりかねました。

 デザートのくせに、おいしかったです。珈琲の苦みがあっていました。

 って、グルメ批評みたいで、恐縮です。

 帰りに、お店の人に、「いつからやっておられるのですか?」と聞くと、「昨年の年末からです」というようなことを言われました。年末だったか、12月だったか、定かではありませんが、ともかく、まだオープンして間もないということです。

 また来てね、と言われましたが、そうですねぇ、今の感じだと、また来てもよさそうです。ランチ時間帯や夜はどうなんでしょうねぇ。あんまり混んでいるとヤダけど、あんまり混んでいないとすぐに撤退です、きっと。

 不思議な構造の店で、帰りは出口がわからなくて、マゴマゴしちゃいました。店の人に追い返してもらえて、外に出ることができましたが、酔っ払っている人は注意ですね。ワインがおいしいのかもしれない店です。

 酔ってもいないのに、出られなかったこの人のことですから、介助犬でも同伴して、帰りに介助が必要かもしれません。犬でなくても、人でもいいですが。

Ca390758

 最後のディスコミは、2連発です。

 まず、キャラメルカプチーノの温かいのをオーダーしようとして、「温かいの」を強調したために、温かい普通のカプチーノが出てきてしまいました。

 ま、仕方ないので、そのままいただきましたが。だんだん、自分のせいなのではないかという疑念が膨らみました。

 帰りに、豆を買って帰ろうとして、「挽かないでください」とお願いし、お店の人も「そのままでいいんですね」と言っていたのですが、お店の人が他のことを説明してくださってから、量ってくださったりしているうちに、電動のミルで思い切り挽いてしまっておられました。

 久々に、うちにある手動のミルで、グルグル挽く楽しみを味わいたくて、挽かない豆を購入しようとしていたのに、と思いましたが、ここまでディスコミが続くと、どんどん自信がなくなっていきます。

 が、本日のこの人は、3回目くらいで底につきまして、盛り返していたので、開き直ることができました。

 え、豆ですか?

 お店の人に指摘すると、取り替えてくれようとなさったのですが、もったいないので、「今日は、それでいいです」とつぶやいて、いただいて帰りました。

 ディスコミについて、いろいろと考えさせられる日でした。

 寒いので、口を大きく開けることをしないために、言葉がはっきりと伝わらないのかもしれませんが、最後は、お店の方のお疲れのためだろうと思うことにしました。

 明日は、挽いてしまわれた珈琲を自宅で入れて香りを楽しむ所存です。

« 爪が紫に。 | トップページ | おまけ、してくださっても、よろしくってよ。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爪が紫に。 | トップページ | おまけ、してくださっても、よろしくってよ。 »