2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 若者、がんばっておられます。 | トップページ | 続・最近のお召し上がりものについて。 »

2010年6月22日 (火)

ホシガタなのは、にゃんでか?

ねこ:ぉぃ、にゃんだ

ネコ:……

ね:おい、にゃんだ

ネ:……

ね:……

ネ:あっ、ォマェ、いつからおった?

ね:さっきから呼んでただろう

ネ:知らん

ね:ォ、ォマェは~

ネ:にゃんだ?

ね:ォマェ、今日は何考えてた?

ネ:んと、

ね:うん

ネ:ヒトデっつうもんが

ね:ああ、ホシガタのャッだな

ネ:ぅん、シカクいャッが

ね:はぁ?ヒトデは、ホシガタだろう

ネ:シカクいャッが

ね:うん

ネ:おる!

ね:ヒトデは、ホシガタだろう

ネ:人間の家に遊びに行ったときに

ね:なんだ

ネ:乗るように、出してくれる

ね:ん?

ネ:人間も乗ってたり、猫が乗ってたり

ね:……

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:…座布団、のことか?

ネ:ぅん

ね:座布団が、どうした?

ネ:似てる

ね:その、シカクいヒトデのことか?

ネ:ぅん

ね:ォマェ、ヒトデっつうもんは、ホシガタなんだぞ。

ネ:いつから?

ね:う

ネ:ホシガタも、おかしいぞ

ね:そ、そうか

ネ:ぅん

ね:いや、しかし、ヒトデっうのは、昔からホシガタと決まっているだろう

ネ:にゃんでか?

ね:う、それはだな

ネ:ぅん

ね:ォレは、シカクいヒトデは見たことないぞ

ネ:珍しい?

ね:そうだな

ネ:にゃんで、ホシガタと決まっとる?

ね:う、イキモノは、だいたい、種類ごとにカタチが決まってるんじゃないのか

ネ:ふ~ん

ね:ヒトデは、ホシガタが普通なんだよ

ネ:ふ~ん

ね:わかったか?

ネ:猫は

ね:うん

ネ:ホシガタじゃないな

ね:あ、当り前だろう

ネ:にゃんでか?

ね:猫がホシガタだったら、おかしいだろう

ネ:シカクでもないな

ね:そりゃ、そうだ

ネ:猫は、ホシガタでも、シカクでもない

ね:そうだ

ネ:にゃんでかな?

ね:……

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:…猫は

ネ:ぅん

ね:ホシガタや、シカクだったら

ネ:ぅん

ね:こうやって、歩いたり、しゃがんだり

ネ:ぅん

ね:丸まって眠ったり、起きて伸びをしたり

ネ:ぅん

ね:ご飯を食べたり、そんなことができないだろう

ネ:ヒトデは、ご飯は食べないのか?

ね:う

ネ:う?

ね:いや、食べるだろう

ネ:ホシガタでも?

ね:ホシガタでも、ご飯は食べることができるらしい

ネ:ふ~ん…

ね:ヒトデは、猫みたいに、飛び上がったり、走ったりはしないだろう?

ネ:ぅん

ね:ホシガタや、シカクでは、猫のようには、生きられない

ネ:ぅん

ね:わかったか?

ネ:猫がホシガタだと、

ね:うん

ネ:猫として生きられない

ね:そうだ

ネ:ヒトデは

ね:うん

ネ:ホシガタでも、シカクでも、生きられる

ね:まぁ、ホシガタなんだよ、ヒトデは

ネ:ふ~ん

ね:シカクいヒトデは、何かの間違いなんじゃないのか?

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:……

ネ:…何かの間違いで、シカクくなった?

ね:いろいろ、事情があるんだろう

ネ:…事情…

ね:ヒトデは、

ネ:ぅん

ね:シカクく生まれても

ネ:ぅん

ね:ヒトデとして、なんとかやっていけるのかな?

ネ:…わからん

ね:猫は

ネ:ホシガタに生まれたら

ね:きっと、猫としてやっていくのは難しいな

ネ:ぅん、シカクでも

ね:そうだ

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:…ぉぃ、にゃんだ

ネ:ん?

ね:大丈夫か?

ネ:猫が、これからホシガタになったりすることは?

ね:ない!

ネ:ほんと?

ね:ない!

ネ:ぅん

ね:だから、心配しなくても、大丈夫なんだぞ

ネ:ぅん

ね:……

ネ:……

ね:……

ネ:……

ね:…猫で、よかったか?

ネ:ぅん

ね:そうか

ネ:ぅん

 通常の星形とは異なる四角形のイトマキヒトデが鳥取県岩美町の海岸で見つかり、同町の県立博物館付属山陰海岸学習館で公開されている。四角形のヒトデは極めてまれで、同館は遺伝的な原因で変異したとみている。

 同館の学芸員、和田年史さん(32)が、同町の羽尾海岸で展示用の生物を採取していた際に見つけた。ヒトデは体の一部が欠損しても再生することから、もともと四角形をしていたと和田さんは推測している。

 海岸の岩場に生息するイトマキヒトデは国内各地に分布。成体は大人の拳ほどの大きさで、色も青や水色、オレンジとさまざま。

 四角いイトマキヒトデは、同館のメーン水槽で星形のイトマキヒトデと一緒に展示されている。

312088_c185

312087_t80

« 若者、がんばっておられます。 | トップページ | 続・最近のお召し上がりものについて。 »

ニュース」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

そうぞう。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若者、がんばっておられます。 | トップページ | 続・最近のお召し上がりものについて。 »