2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 労働法に抵触する働かせ方、ダメじゃないですか。 | トップページ | 杏仁マンゴー、という名前です。 »

2010年6月 6日 (日)

神代植物公園に行ってみました。

 今日6月6日は「カエルの日」だそうですね。知りませんでした。

 ま、ともかく・・・。

 先月末までは、バラ祭りが開催されていたようですが。

 今日はどうだろう・・・と思いつつ、実は初めて訪れるのですが。

 調布駅からバスで行くようにガイド本などには書いてあるのですが、おそらく、この人の足ですと、20分くらいで行けるのではないかと思い、歩いてみることにしました。

 この植物公園に行ってみようと思ったのも、運動不足を反省し多少とも解消を試みようとしたからでして、歩けるところは歩いて行くのが、目的に対して正しい態度なのであります。

Ca391005

 今は、枇杷の時期なのですね。ビワですよ。これは、庭木用ですから、あまり果実が大きいわけではありませんが、オレンジ色になってきていますね。


Ca391007

 これは、調布駅北口から北に向かって歩いているところで、そろそろ深大寺の辺りに近付いてきたような感じがしてきました。って、行ったことないので、実はよくわかりませんでしたが。

Ca391008

 これは、何か寺らしき門構えでしたけれども、確認はしないで、先に進みました。本日の目的は、神代植物公園であって、その途中は、おまけみたいなものですからね。


Ca391009

 はい、ここも、何かはよくわからず。ともかく、前に進んで行きました。


Ca391010

 こんなところにも、花がとてもきれいに咲いておられました。えらいですねぇ。精一杯咲いておられます。


Ca391012

 この植物は、葵ですかね。かなり背が高くなる花です。


Ca391013

 これはねぇ、わかりにくいですが、栗です。

 さらに、進みまして、こないだ散策した際に、見たことのあるような看板のところまでやってきました。


Ca391014

 この交差点、なんとなく、見覚えがあります。


Ca391015

 よく見ると、温泉日帰り施設の看板もありますね。これ、気になります。ぬぬぬ。


Ca391016

 野川にかかる橋を渡りました。下を見ると、川遊びをしている人たちや、川に浮いて遊んでいる(?)鴨さん方がおられました。


Ca391017

Ca391018
 あ、先ほど、看板があった「深大寺温泉 ゆかり」の看板が、趣も新たにこんなところにあります。


Ca391019

 いろんな効能があるんですよ、お姉さん(←誰?)。
 ま、しかし、ここの温泉に入ることが本日の目的ではありませんから、通り過ぎることにします。いつか来てみたいです、いろいろなことができるらしいので。

Ca391020

 なんだか、目立っていたおうちでした。民家なのでしょうが。黄色い外壁に、赤い車が停まっておりました。


Ca391021

 もし、バスでやってきていたなら、ここが降りる場所のようでした。違うか。駅の方向に帰ろうとしている人たちの待つ行列ができていました。
 はい、やっと着きましてよ。
 最初、想定した所要時間がほぼあっていました。やはり、20分ほど歩けば、ここに来ることができるのです。

 あ、でも、ここは、まだ神代植物公園ではないのです。その前の、ソバで有名な深大寺のエリアにまで来ました。


Ca391022

 ここからしばらくは、いろんなソバ屋の建物が続くのです。

Ca391023

 ここの植生も、先日の野川公園などの散策時によく見かけた武蔵野の林っぽい木が多いですね。ま、当り前と言えば当り前ですが。

Ca391024


 あ、結構人出もあったんですよ。あまり人がたくさん写りこまないようにしているんですけども、ときどき、通りすがりの方が写っています。

Ca391025


Ca391026

 ここ、水が湧いているようなんですよね。こんな木の立て札がありました。
 それにしても、カワニナ、ヤゴとか懐かしい。蛍は、割と珍重されますけども(光るし)、カワニナとかヤゴなんて、地味であまり注目もされない貝や虫なのに、少なくなってくると大切にしてもらえるのですかね。


Ca391027


Ca391028

 向こうの提灯みたいなのは、ソバのお店でした。お茶を飲むくらいの時間帯でしたが、中には、ソバを食べているお客さんもおられました。


Ca391029

 ここもソバ屋さんですね。店の前に、水車がありまして、カップルらしき2人連れが見ておられました。

Ca391030

 おう、やっと、神代植物公園への看板が見えてみました。

Ca391031

 あ、でも、また途上に、動物霊園がありましたよ。一緒に暮らしていた動物の方がお亡くなりになりました際に、こういうところに祀ったりなさる方もおられるのでしょうかね。よくわかりませんが。

 動物病院とか、大学の獣医学教室の近くに、実験で犠牲になった動物の慰霊碑などがある場合はありますけどね。ここは、どういう趣旨のところか、最初の目的のとおりに、気にしないで、というか、気にしつつも、スルーしました。

Ca391032

 おお、やっと、神代植物公園の看板がっ。

Ca391033

 ここにも、ソバ屋があります。深大寺とソバ、すごく深いかかわりがありそうです。


Ca391034

 本日の見どころは、もうバラ祭りのことは書いてありませんので、最盛期は済んだのでしょうね、たぶん。今は、さつきがよいようです。


Ca391035

 入場券を買って入ったすぐのところです。やはり、武蔵野の森っぽい雰囲気。

Ca391036

 家族なのか、複数人で連れだって歩いておられる方々もおられました。


Ca391037

 これ、川に飛び石のように歩くところが出来ているのですが、ちょうど光の入り具合がきれいに思われませんか?この人は自分でお気に召しております。


Ca391038

 今の川を渡り木々を抜けると、芝生の野原に出ました。

 ここも、都立公園のひとつですから、なんとなく、パターンが似ているのでしょうか。


Ca391039

 ちょっとずつ、植物公園らしい感じが出てきましたね。

 宿根草がたしか80種くらい植えられていました。
 これは、冬になって地上部が枯れたのかなと思っても、翌年の春の時季が来れば、地下にある根っこから芽が出てくる、っていう草のことですよね。反対に、一度きりなのは、一年草とか言いますよね。

Ca391041

 真っ白のアジサイが咲いていました。アジサイは、梅雨の花って感じですよね。雨に濡れているところが似合うイメージです。あ、今日は雨は降っておりませんでしたが、そろそろアジサイも咲き始めますねぇ。


Ca391042


Ca391043

 右手に行くと、バラ園があるよ、と書いてあります。


Ca391044

 蓮ですね。蓮、いいですね。この人は、蓮が好きなのです。スイレンよりも、ハスがよいです。レンコンも採れるしね。

Ca391045

 公園内に、ソフトクリームの幟(のぼり)が。

Ca391046

 ソフトクリームが売られておりました。夏だからでしょうか。それとも、年中売っているのかしら?
 この中でも、バラソフト、というヤツが期間限定で売っているようでした。バラの季節、バラ祭りに合わせた企画なのでしょうかね。よくわかりませんが、そのように解釈しました。

Ca391047

 アマリリスですね。


Ca391049

 この花は、イネみたいな茎の草の先に、かわいらしく咲いておられます。
 なんとなく、刈って束ねたい気持ちになるんですが。なりませんか?

Ca391050

 青いアジサイですが、ガクアジサイですね。

Ca391051

 この葉っぱの大きな木は、いいですね。

Ca391052

 これは、フキですよ。あの、茎を似ていただくヤツです。これ、この人は子どもの頃に庭に生えており、それを親がとってきて似てくれまして食べたりしておりました。先日、帰省していた際にも、庭に生えており、父がとってきて、母や似てくれまして、召し上がりましてよ。


Ca391053

 この辺から、バラ園に突入であります。このバラの品種名は、「よろこび」、すごい素敵な名前ですね。よろこび。


Ca391054

 紫のバラ、オールドロースの系統なのでしょうねぇ。


Ca391055_2

 この辺りは、バラ園の中でも、オールドロースを集めて植えてあるところでした。

Ca391056

 これもですねぇ、バラなんですけども、名前は、プレートがあったんですが、忘れてしまいました。偉人の名前が付いていたような。

Ca391057

 これは、名札も読めると思いますが、「モス・ローズ」という品種名です。モスって、苔のことだそうですが。どういう意味かというと、茎などに苔が生えているように見えるほど、毛深いというか、そういうことですね。


Ca391058

 同じモス・ローズです。わかりますでしょうか。毛深い方です。

Ca391059


Ca391060

 これも、古いタイプのバラなんでしょう。白くて、花弁が重なり合っていないので、シバザクラという花に似ているような気もします。もっとも、シバザクラは、ピンクだったりするんですけどね。


Ca391061

 ま、バラ科の果物の花(りんごとか)には似ているので、同じ「バラ科」というだけはありますね。っていうか、こっちが起源なんでしょうけど。

Ca391062_2

 噴水も稼働していました。結構、力を入れているのですね。

Ca391063

 手前はいろいろな品種のバラが植えられておりまして、向こうのほうのガラス張りの建物は、温室です。

Ca391064


Ca391065

 まだ蕾もたくさんありましたので、これからも、次々と咲いていくと思われます。
 でも、今日のかなりの晴天で、ここは日差しを遮るものが、午後にはない造りですので、日当たり良好過ぎですね。これから、より暑くなると、バラ、大丈夫なんでしょうか。あ、それより前に、梅雨、大丈夫なのでしょうか。

Ca391066

 これ、うす~い色なのですが、紫のバラなんですよ。

Ca391067

 もっとアップで撮影してみました。すごくきれいです。
 花弁の先ではなくて、根元のところの方が、紫が濃いですね。花弁の先端は、もう白いですからね。いずれにしても、繊細な色合い。素敵です。

Ca391068

 これは、高めに仕立てたところですね。

Ca391069

 自力では、木が大きく立てないので、支柱になるようなものに絡ませているのですねぇ。

Ca391070

 レオナルド・ダ・ヴィンチという名の品種です。八重咲きですねぇ。

Ca391071

 ここでも、写真撮影をしようとしている方が何人もおられました。三脚を持ち込んでいて本格的な一眼レフカメラを手にしておられる方も何人も。

Ca391072_2

 中央にある鳥かごみたいのは、中に入って座れるような椅子がありまして、この写真では、カップルらしき男女のうち、女性が鳥かごの中の椅子に座っているところを、男性のほうが撮影しようとしておられるところでした。

 鳥かごって、あんまり人聞きがよくなさそうですが、でも、鳥かごを庭に配するのは、なかなかいいではないですか。この人は、自分が入ってみようとは思いませんが、見ている分にはおもしろいなと思いました。


Ca391073

 これは、藤棚の下から見上げたところなのですが、インゲン豆のようなブラ~っとした鞘が下がっているところがわかりますでしょうか。これ、なんだろう。フジの花の後に、実が出来たんですかねぇ?

 ここから下は、温室に入ったところです。

Ca391074

 ハタキみたいな植物です。箒として使えそうな、使えなさそうな。

Ca391075

 これ、ユリみたいな花が揃って下を向いておられます。


Ca391076

 これは、この人の好きな葉っぱの大きな木です。旅人の木、とかいう名前でしたっけ?違ったかな?

Ca391077

 これ、大きな実ですよね、たぶん、30センチ弱のヤツがぶら下がっているのです。この温室では、これ1個に注意すればよいのですが、ふつうに外に生えている地域では、頭に落下してくるかもしれませんし、怖いですね。日本でこんな大きな実がなる植物がなくて、よかったです。

Ca391078

 で、この実は、収穫すれば、食べれるんでしょうかね。蒸し焼きとかにして。なんとなく、蒸し焼きとかにして食べる実のようなイメージですが。あれは、パンノキでしたっけか。
 10~20kgになるような実。すごい。何かしらのニオイがするかもしれないと思い、鼻を近づけてみましたが、わかりませんでした。まだ、熟れていないのですかね。

Ca391079

 ああ、これ、青い花なんですけど、珍しいですよね。

Ca391080

 ヒスイカズラ、という名前だそうです。ヒスイは翡翠、カズラはツタみたいのにつけるイメージ。本当は、どうなんだろう?家の近くの植物に、こんな色の花が咲いていたら、ちょっと不気味です。


Ca391081

 いっぱい並んで咲いていたら、もっとずっと不気味ですよね。頭上に・・・。ゾワっとしました。

Ca391082

 ここは、温室の中で、お手洗いと座るところがあり、飲み物の自販機もありで、公園内を歩き回って疲れた方々が座ったりしてくつろいでおられました。

Ca391083

 この辺は、池がありました。スイレンですね。

Ca391084

 結構、花が咲いていました。今、時期なのでしょうか。それとも、年中、花が咲いているのでしょうかね。温室にいる植物は、いつも温かいところで、いつも花を咲かせているような、そういうイメージですが。


Ca391085

 葉っぱが平べったいですね。

Ca391086

 この部屋は、ベゴニアの鉢がたくさんたくさん置いてありました。
 私が知っているベゴニアは、もっと、決まった形で固定観念がありましたけれども、ベゴニアって、ひとつの形に決まっていないのですね。

Ca391087

 ベゴニア、こんなに種類があるとは、知りませんでした。花の大きさも、すごく大きなのがあるんですね。一輪モノは、特に、ベゴニアだって教えてもらわなければ、まったくわからないと思います。
 ベゴニア、奥が深いの、か?


Ca391088

 上から下に向いて咲いているタイプ。色も鮮やかですね。
 ほんとに、いろいろあるんだな~、ふ~ん、と思いました。

Ca391089

 これは、ガラス温室のほうから、バラ園を眺めたところです。

Ca391090


Ca391091

 黄色い花ですが、花弁の外側ぐるりが赤い色で縁どられているような品種ですね。

Ca391092

 これは、八重でない、一重とは言わないんでしょうが、オールドロース系のお花です。こういうのも、いいもんですね。

Ca391093

 これは、幹が美しい木々なのですが、名前はわかりませんでした。

Ca391094

 ちょうど、その幹に傾いた太陽の光が当たって明るく見えるのですが、わかりますでしょうか。


Ca391095

 これは、神代植物公園を出て、調布駅方面へと向かって歩き始めたところ、見つけた畑です。ソバを育てておられました。

 散策は、調布駅から歩いて深大寺通過、神代植物公園内をうろつき、調布駅に戻ってくる、というところで、だいたい2時間ほどの工程でした。
 で、その前後も含めて、久々にハートレイトメーターをつけていたのですけども、消費カロリーは1118キロカロリーでした。7時間半もつけっぱでした。

 本日も、ワシワシと闊歩をしてみましたが、随分と運動になりましたです。

 やはり、何事も歩くことが基本のような気がします。最近、女性たちにもランニングが流行っていることが繰り返し取り上げられたりしますが、よい走りについて書かれた書物や雑誌の類も、全部、「走る前に、ウォーキングから始めましょう」と書いてあります。

 あ、この人はランニングをしようとは思っていないのですが、いくつかの本をネット検索などしてみますと、全部、そう書いてあります。

 ま、歩くこともままならないのに、突然走りだそうとすること自体が、正気の沙汰ではないですよね。膝や腰を痛めてしまいますよ。

 初めて訪れた神代植物公園でしたが、全体を回りきることはできませんでした。でも、今回で、なかなか好ましいところだとわかりましたので、また、機会を作って、出かけてみたいと思います。

 その際には、お昼の時間帯に合わせるなどして、ソバも召し上がってみたいなとも思いました。

 それと、深大寺温泉についても、スルーしたものの、気になっております。

 毎度のことながら、病気にならないように、気をつけて暮らしたいものですが、運動不足にもならなように、ときどき散策を続けたいと思います。

« 労働法に抵触する働かせ方、ダメじゃないですか。 | トップページ | 杏仁マンゴー、という名前です。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

写真。」カテゴリの記事

発見。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 労働法に抵触する働かせ方、ダメじゃないですか。 | トップページ | 杏仁マンゴー、という名前です。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。