2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 「幸福の経済学」おもしろかったです。 | トップページ | 11月25日は女性に対する暴力撤廃国際デー。 »

2010年11月23日 (火)

変な子猫だと思えばいい?

ねこ:ぉぃ、にゃんだ

ネコ:・・・・・・

ね:おい、にゃんだ

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・ぁ、ォマェ

ね:ォッ、ォマェはいつもぼんやりして、何を考えてたんだ?

ネ:チッチャリスを子猫と共に授乳だ

ね:は~?

ネ:チッチャリスが

ね:子どものことか?

ネ:ぅん

ね:今度も牛か?

ネ:いんにゃ

ね:じゃ、なんだ?

ネ:猫

ね:猫がリスを授乳か?

ネ:ぅん、でも、子猫にも授乳

ね:そうか

ネ:ぅん

ね:チッチャリスは、親はどうした?

ネ:知らん~

ね:でも、居ないんだな

ネ:ぅん

ね:で、子持ちの猫が一肌脱いだのか?

ネ:脱がなくても、授乳できるよ

ね:いや、そうじゃなくて、比喩だろう。

ネ:そうか

ね:チッチャリスは、子猫に混じって、まんまとやってるのか

ネ:まんまと、って、にゃんだ?

ね:ぅ、うまく、やっているという喩えだ

ネ:まんまと、か?

ね:ぅ、違うかも

ネ:チッチャリスは、猫になることを目指しているのかな?

ね:いや、そんなことはないだろう

ネ:自分がリスだって、わかっているのかな?

ね:それは、難しいところだな

ネ:自分では、子猫の一味だと思い込んでいるのかもな

ね:鏡がないしな

ネ:だけど、他の猫たちから見れば、

ね:ャッだけ、違う容姿

ネ:ぅん

ね:変だよな?

ネ:少しな

ね:どうして、

ネ:にゃんだ?

ね:親猫は、子猫と一緒にいるチッチャリスも授乳してやってるんだろう?

ネ:ぅ~ん

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:ぁ、

ネ:にゃんだ?

ね:この母猫も、

ネ:ぅん

ね:ちょっとぼんやりしてるんじゃないのか?

ネ:気が付いてないってこと?

ね:ま、そうだ

ネ:チッチャリスも、自分が産んだャッだと思っている、ってこと?

ね:ま、そうだ

ネ:・・・すごいぼんやりだな

ね:ま、そうだ

ネ:すごい・・・

ね:にゃんだよ

ネ:ん?

ね:ォマェも、負けてないぞ

ネ:・・・そ、そうかな

ね:そうだ

ネ:・・・そ、そうかな

ね:そうだ

ネ:ふ~ん

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:にゃんだよ、

ネ:ん?

ね:ォマェが子どもを産んだとき、

ネ:ぅん

ね:ちゃんと、自分の子どもだけを選んで授乳してたのか?

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・選ぶって、にゃんだ?

ね:あ、つまり、別の子どもにも授乳したりしてなかったのか、ってことだ

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・わからん

ね:わからん?

ネ:・・・無我夢中で

ね:うん

ネ:・・・だけど、

ね:なんだ?

ネ:ぼんやりしていると、

ね:うん

ネ:他の動物の赤にも、

ね:うん

ネ:うっかり、

ね:うん

ネ:授乳してしまうことが、

ね:うん

ネ:あるのか?

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・ォマェなら、

ネ:ぅん

ね:・・・ありそう

ネ:・・・そ、そうかな

ね:そうだ

ネ:・・・そうかな

ね:そうだ

ネ:ふ~ん

ね:・・・ォマェは、

ネ:ちょっとぼんやり?

ね:そうだ

ネ:・・・そうかな

ね:そうだ

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:じゃあ、

ね:なんだ?

ネ:この母猫も、

ね:うん

ネ:チッチャリスが混じっていることに、

ね:うん

ネ:気が付いてないってことかも?

ね:ま、そういうことも、ないとは言えない

ネ:そ、そうかな

ね:そうだ

ネ:そ、そうかな

ね:そうだ

ネ:ふ~ん

ね:どうした?

ネ:この猫、

ね:うん

ネ:相当ぼんやりだな

ね:ま、もしそうなら、な

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:だけど、

ね:なんだ?

ネ:チッチャリスも、

ね:うん

ネ:ぼんやり猫に会えて

ね:うん

ネ:よかったな

ね:まぁな

ネ:ぼんやりしてるって、

ね:なんだ?

ネ:いいことだな

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・そうかな

ネ:ぅん

ね:・・・そうかな

ネ:ぅん

ね:ま、そうかもしれんな

ネ:ぅん

ね:・・・だけど、

ネ:にゃんだ?

ね:ォマェは、ぼんやりしすぎるなや~

ネ:ォマェもな~

ね:ぅ

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

ネ:・・・・・・

ね:・・・・・・

« 「幸福の経済学」おもしろかったです。 | トップページ | 11月25日は女性に対する暴力撤廃国際デー。 »

ニュース」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

そうぞう。」カテゴリの記事

異国語の勉強。」カテゴリの記事

コメント

えふさん

人間も、すこしぐらいぼんやりしていたほうがよいのかもしれないですねぇ。
おおらかさも必要かと。
しかし、子猫のおなかはかわいいですねぇ。

miauleuseさん、

 はい、いろいろが勃発してしまうよりは、ちょっとぼんやりしていることで、争いごとに気が付かないくらいのおおらかさがあるといいですねぇ。

 争ってもいいことはないと思うんですが。

 闘争心に満ちた方には、子猫のお腹の毛並みでも見せて、のんびりしてもらいたいものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「幸福の経済学」おもしろかったです。 | トップページ | 11月25日は女性に対する暴力撤廃国際デー。 »