2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« それなりを履いて。 | トップページ | 今日は低温でしたが。 »

2010年12月13日 (月)

リサイクルも大変です。

 ペットボトルをリサイクルに出そうと、パッケージをはがして、回収してくれるところに出しに行きました。そこには、ハイテクの機械がありまして、1本ずつ底の方から所定の場所に置くようにして入れますと、そこに光センサーが当たりまして、一つずつ飲みこまれていくような仕掛けになっています。

 で、これまでも、この人(=私)は何度もこの機械を利用していたのですけども、これまでに、拒否されたペットボトルはなかったのでございます。

 しかし、今回は、2本ほど拒否されてしまいました。

 理由は、ひとつは、底の方が汚れてしまっており、黒くなっていたことを、そのセンサーに発見されてしまったからではないかと思います。まぁ、きれいに洗って、パッケージもはがしたものを回収なさっておられる機械ですので、汚れたものを拒否なさるのはもっともなことだと思います。回収に出すまでに置いておいた間に、何かの汚れが付着してしまったものと思われます。

 しかし。

 もう1本はなにゆえ拒否されるのか、結局、わかりませんでした。

 そんなことで、リサイクルに出すのにも、いろいろと細かな決まりがありまして、手間がかかりますね。

 本当はペットボトルをそんなに頻繁に買ったりしなければよいのです。

 ま、そんなに頻繁には買っておりませんが。

 ただ、この人は、ときどき、すごく炭酸飲料が飲みたくなるときがありまして、その際には、ミツヤサイダーかファンタゼロなのですが、いずれも、ペットボトルに入っておられるのです。

 他の飲料ですと、紙パックなどの選択肢があり、それだと燃えるゴミに出せばいいのですけども、炭酸におかれては、紙パックではきっと製品化できないのだと思われます。

 他には、ビンとか缶とかの選択肢はなくはないかもしれませんが、いずれも、リサイクルに出さねばならない素材なので、リサイクル問題からは逃れることができないと思われます。

 そんなことで、引き続き、炭酸が飲みたい気持ちとリサイクルが面倒な気持ちとのバランスをとりながら、生きてみることにいたします。

« それなりを履いて。 | トップページ | 今日は低温でしたが。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

発見。」カテゴリの記事

片づけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« それなりを履いて。 | トップページ | 今日は低温でしたが。 »

世界時計