2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 「小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない」防災教育の力。 | トップページ | 電力不足って、本当ですか? »

2011年5月11日 (水)

内閣府調査より、男性の結婚に年収300万円の壁があることが明らかになりました。

 20代の既婚率は8.7%、非正規だと4.1%だそうです。

 あ、男性ですよ。

 各紙が報じていますが、微妙に力点が違いますので、いくつかの記事を比較していただくと面白いかと思います。上記は、日経新聞です(ここ)。

 他、産経新聞も年収について言及していましたよ。

 ただ。

 時事通信には、恋人がいない率が高いことに力点があり、結婚支援事業が必要とかいう意見を紹介しています(ここ)。

6割超に交際相手なし=20、30歳代の未婚男女―内閣府調査

時事通信 5月11日(水)19時28分配信

 内閣府は11日、若者の結婚や家族観に関する調査結果を発表した。それによると、20、30歳代の未婚男女の86%が結婚を望む一方、64%は交際相手がいないと回答した。内閣府は「未婚化」が進んでいることが少子化の大きな要因とみており、「地方自治体やNPOによる結婚支援事業などが必要」としている。
 調査は昨年9月27日から10月18日まで、20、30歳代の未婚男女と、同世代の結婚3年以内の男女計1万人を対象に、インターネットによるアンケート形式で実施した。このうち未婚男女は81%。
 未婚者のうち、「恋人あり」と答えた人は36%。これに対し、「恋人なし」は38%、「交際経験なし」は26%で、合わせて6割超は異性の交際相手がいなかった。このうち、68%は「今、恋人が欲しい」とする一方、32%は「欲しいと思わない」と回答。その理由(複数回答)は、「自分の趣味に力を入れたい」(56%)、「恋愛が面倒」(55%)などとしている。
 結婚しない理由(同)では、「適当な相手にめぐり合わないから」が56%と最も多く、「結婚後の生活資金が足りない」「自由や気楽さを失いたくない」との答えが続いた。結婚したい理由は「好きな人と一緒にいたい」が61%でトップ、以下「家族を持ちたい」「子どもが欲しい」の順。「経済的な安定を得たい」と答えた女性は43%、男性は16%で、男女で最も差が開いた。
 異性との交際では、男性で「どのように声を掛けていいか分からない」(38%)、「恋愛交際の進め方が分からない」(32%)との声も目立った。 


 で、実際の内閣府の調査を見るのがきっといいんだと思います。

 それは、ここですので、ぜひ、ご自身の目で、何がポイントなのかを見極めてくださいませ。

 企画・分析委員長の山田昌弘さんの「総括」が興味深かったです(ここ)。まぁ、これまでも、「希望格差」とか「婚活」などの言葉をいろいろと生み出してこられましたので、路線としては同じだとは思いましたが。

« 「小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない」防災教育の力。 | トップページ | 電力不足って、本当ですか? »

ニュース」カテゴリの記事

働き方・働かせ方。」カテゴリの記事

冊子・報告書」カテゴリの記事

社会のしくみを学習。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない」防災教育の力。 | トップページ | 電力不足って、本当ですか? »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。