2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 具体的な助言ですが、日本でも有用になるとは・・・。 | トップページ | 昨日は記事を書いてアップしようとして、断念。 »

2011年5月 3日 (火)

ビン・ラディーン、死す、というか、殺害さる。

 9.11を起こした人物として(実行犯ではなかったけれども)、ずっと追跡されていた彼が、1日ほど前、アメリカの精鋭部隊によって銃撃戦の末、殺害されて、遺体が収容され、水葬されたそうです。

 ニュースで知っただけですが。

 オバマ大統領の宣言に続き、イギリス首相の支持表明、ニューヨークのテロ現場に集う人々の歓喜などを見ておりますと、何かよくわかりませんが、違和感を覚えます。

 なんだろう。

 それが、数千人の人の命を一瞬にして奪ったテロを指揮した人物だとしても、何か、人が殺されたというニュースに歓喜する気分にはなれない、ということがひとつですが。

 あとは、どうして、このタイミングで、こんな発表をするんだろう、という疑問もあります。

 それから、これをきっかけに、また、何かテロが起こるのではないかという漠然とした不安もあります。

 テロの首謀者だったのかどうか、それは、もう確定したことだったのでしょうか。

 それと。

 テロの撲滅のためには、こういう方法が本当に効果的なのでしょうか。

 なんだか、そういう気もしなくて、それで、歓喜したりするような明確な気持ちを表明できないのかもしれません。

« 具体的な助言ですが、日本でも有用になるとは・・・。 | トップページ | 昨日は記事を書いてアップしようとして、断念。 »

ニュース」カテゴリの記事