2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 食べ物ではないものも激写したりしているんですのよ、奥さん。 | トップページ | ピータンの作り方が紹介されていますが。 »

2011年8月14日 (日)

タイ料理は辛いですので、ご注意を。~最近のお召し上がりものシリーズ~

Ca391722

 暑い暑いと言いながら、食欲の減退しないこの人(=私)ですが、結構なことです。

 が、暑いと体温を維持するために、自力で発熱する必要がありませんことから、必要なエネルギーは冬の寒い頃より少ないらしく、また、暑いので、用心してじっとしておりますので、消費カロリーは少なく、ただでさえ、豊満なご様子ですのに、より一層豊満路線に突き進んでいる模様です。

 ところで、タイ料理を召し上がったことについて、ご報告しようとしています。

 ご注意ください。

 ええ、タイ料理は、からいのです。

 したがって、唐辛子の辛さに弱い方は、十分にご注意を。

 この人の経験では、唐辛子のからさだけがしっかりとあって、味のないタイ料理というのもあるのですけれども、ここのお店のは、どれも、しっかりと基本的な味がついており、おいしかったです。

 上の写真は、左側がタイのさつま揚げです。唐辛子が効いていて、ピリッとしますが、隣のタレをつけて召し上がる設定です。

 奥が、すべてのタイレストランで気を付けたほうがいい春雨サラダです。春雨サラダは、この人の経験の範囲では、タイ料理の中でも、必ず、もっとも辛いことが多い厳重注意の食べ物なのです。なにゆえ、春雨サラダをこんなに辛く作るのかは存じませんが、他の料理に比較してすごく辛いことが決定されているようですので、もし、春雨サラダの前に別の料理を召し上がっており、それがすごく辛いように感じるようでしたら、春雨サラダはもっともっとずっと辛いです。ご注意ください。

 手前は、よく知られている生春巻きですね。ベトナム料理でも生春巻きをよく食べる気がしますが、これは、辛くないです。皿のタレをつけて召し上がりますが、無難でほっとしました。
 
 この後も、いくつか料理が運ばれてきたのですが、辛いことに圧倒されて、写真撮影を忘れてしまったことについては、ご理解ください。

 この間、タイ料理のスープでもっとも代表的なトムヤムクンもありましたし、青菜の炒めものなどもありました。

 トムヤムクンには、この人のお気に入りのフクロダケさんがたくさんおられ、久々の再会に懐かしく感じました。フクロダケさんですが、大抵、こういう姿で料理に入っておられることが多いです。

20110814a

 しかし、本来の生えているときのお姿は、こういう形らしいです。

20110814b

 そして、売られているときのお姿は、こういう缶のようです。

20110814c

 自宅でトムヤムクンや、フクロダケの炒めものなどを作られる場合には、これをご利用なさるといいかもしれません。
 タイ料理だけではなく、この人は中華の炒めものに入っておられるのをこれまでに経験したことがあります。


 Ca391723


 さて、いくつか辛い料理を召し上がった後には、辛くない料理がやってきました。

 お店の方は、焼きそばとおっしゃっていましたが、タイ風です。どちらかと言えば、平べったいうどんみたいな感じ。独特の味付けでとてもおいしかったです。何よりも、辛いんじゃないかという警戒心を持つことなくいただけて、それはよかったです。

 かなり満腹になったところに、最後はかわいいデザートでした。


Ca391724

 タピオカココナッツミルクですが、器がかわいいのです。

 鴨らしき鳥の顔がスプーンの柄になっていました。

Ca391726

 ココナッツアイスもおいしく、全体として、とてもおいしかったです。よく出てくるデザートではなりますが、このお店のものはとても気に入りました。

Ca391725

 そんなことで、辛い料理でしたが、最後に甘くておいしいデザートがありまして、ほっと安心してヨルゴを終えることができました。

« 食べ物ではないものも激写したりしているんですのよ、奥さん。 | トップページ | ピータンの作り方が紹介されていますが。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

えふさん、ボナペティでしたね。

私はタイ料理が大好きですだ!

タイ風焼きそば、春雨サラダ、揚げ春巻き、青菜炒め、アサリのバジル炒めなどなど。

でも、トムヤムクンだけは、イマイチなのです。

えふさんが、おでましになられたタイ料理店はどこですか?

私のお勧めは、鎌倉の「バーンウエンター」です。でも夏の間は海の家に出店しているのでお休みしていますが。

miauleuseさん、アツアツ。

 はい、おいしかったです。タイ料理の辛いのが平気な方には、お薦めです。

 行ったお店は、「タイレストラン 沌」というところです。トンと読んでください。
 都内の店に行ったのですが、横浜にも店舗があるようです。そちらのほうが、お近くではないかと思いますが、店舗ごとの違いがあるかどうかはわかりません。

http://www.thong-group.jp/frame.html

 ↑これが店が作っているサイトですが、むしろ、レストラン評価サイトなどのほうが、メニュー写真もたくさんあるし、いいかもしれません。

 トムヤムクンは、すごくエビの出汁が効いていました。辛酸っぱいだけではない感じが私はよかったですが。

 鎌倉のお店、ご紹介ありがとうございます。「食べログ」によれば、私が行ったお店よりも評価が高いみたいですね。そちらのほうがいいのかも。わかりませんが。

 鎌倉はちょっと遠いのですが、海の家が終わった頃に行くことがあれば、立ち寄ってみたいです。

 アサリのバジル炒めというのは、まだ食べたことがありませんが、そういうタイ料理もあるのですね。気になります。

 あと、昼に1度行ったことがあるだけなのですが、もし、赤坂などにいらっしゃることがあれば、ランチブッフェ1000円は、結構お得かもしれません。ちなみに、持ち帰るお弁当は中身を知りませんが500円でした。↓ここです。青パパイヤのサラダとかいいですよね。

タイ料理 バンコク酒場
スクンビットヤームイェーン

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 食べ物ではないものも激写したりしているんですのよ、奥さん。 | トップページ | ピータンの作り方が紹介されていますが。 »