2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 24日まで、フランス映画祭、アニバ~サリ~。 | トップページ | ステキな金縛り~金縛りにあっていたことをアリバイとして立証しようとするアイデアに脱帽~ »

2012年6月24日 (日)

「史上最大の手塚治虫展」を観てきました。

Ca392270

 今日は、皮がかゆいことに対処するため、皮膚科に行ったのですが、1時間半くらい待っていました。大人気です。その間、レンタルした映画を観ていましたので、特にイライラすることはありませんでしたが、しかし、皮は薬を飲み続けなければ、やはり、かゆくなるようで、薬が切れると処方してもらうために皮膚科に行かねばならず、面倒ではあります。

 ともかく。

 次には、いろいろと人間関係上の理由から、世田谷文学館に行ってきました。

 来週日曜までの期間で、手塚治虫の企画展がやっていたのです。

 ここです。

Ca392271


 それにしても、60年の人生のうちで、700点もの作品を残されたそうで、もちろん、生まれてからしばらくの間は、作品を生み出すことはできず、まずは、人間としての基本を学んでおられたのでしょうから、50年とか40年間のお仕事として、すごいなと思います。

 日曜だということもあってか、この企画展自体が人気があるのか、両方の要素が重なっているんでしょうが、かなり人がおられました。

 この人(=私)は、義理があって、でも、来週の土日には行けそうもないので、ものすごく乗り気というわけでもなく行ってみたわけですが、でも、とても楽しめました。

 よかったです。

 頼まれごとは、図録を買っておいてほしいというものだったのですが、展示を観る前に入手してしまい、一安心。

 今、世田谷文学館のサイトを観たら、今日図録の販売が完了し、終了したということでした。

 来週、もし行ったとしても、もうなかったわけで、そういう意味でもよかったです。

 Ca392272

 手塚治虫さんは、もう亡くなってから20年も経つんですね。

 多くの作品のうち、いくつかは当然知っているわけですが、初期の頃の作品や、この人の子ども時代には流行っていなかったものなどもあり、新しく知ることも結構ありました。

Ca392274


 展示については、当然写真を撮ったりはできないのですが、3体の手塚漫画の人気キャラクターは、撮影してもよかったので、激写して帰りました。

 全作品が漫画文庫になっているようで、それらを座って読むことのできるコーナーも設けられており、ゆっくり時間があれば、その漫画を読むために来ても楽しめると思いました。


 そうは言っても、あと1週間ですが、もし行く時間がある方は、行ってみてもいいかと思います。


Ca392275


« 24日まで、フランス映画祭、アニバ~サリ~。 | トップページ | ステキな金縛り~金縛りにあっていたことをアリバイとして立証しようとするアイデアに脱帽~ »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 24日まで、フランス映画祭、アニバ~サリ~。 | トップページ | ステキな金縛り~金縛りにあっていたことをアリバイとして立証しようとするアイデアに脱帽~ »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。