2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 長ぐつをはいたネコ | トップページ | お出かけでした。 »

2012年8月16日 (木)

脱原発って、にゃんだ?

 ある日、にゃんだが考えごとをしていました。にゃんだは、こないだ見た不思議な光景について考えていたのです。

ある人間:原発反対~!

別の人間:再稼働反対~!

みんな:原発はやめろ~!

 それは、人間たちが原発に反対する気持ちを表明するために、みんなで集まってデモをしている様子だったのです。

 「原発って、にゃんだ?」
 「脱原発って、にゃんだ?」

 にゃんだは、偶然、そこを通りがかったので、そこにいる人間たちに質問したかったのですが、大きな声でみんなが叫んだり、主張していたりして、にゃんだの声は届きませんでした。
 それどころか、あまり近くに行くと、人間たちに踏みつぶされてしまいそうな危険を感じ、にゃんだにしては、足早に立ち去ったのでした。

 その後、にゃんだは、あの日の光景のことを何度も思い返して、答えてもらえなかった疑問を持ち続けていたのです。

 そこに、「原発なくても、電気は足りる」という文字を服に書いた人間が通りすがりました。なぜ、そのことがわかったかというと、その人間を見た別の人間がつぶやくように読み上げたからでした。
 にゃんだは、その文字服の人間のそばに寄っていきました。

ネコ:ぉぃ、ォマェ

 にゃんだは、話しかけました。人間は、にゃんだに気がついていません。

ネ:おい!ォマェ!

 にゃんだは、もう少し大きく勢いのある発声で、話しかけました。

人:ぉ!こんなところに、猫がいる!

ネ:えと、原発って、にゃんだ?

人:ん?何か言いたいのかな?

ネ:原発って、にゃんだ?

 人間は、こないだ原発反対デモ中に、落ちていたブレスレットをポケットに入れていたことを思い出し、なんとなく、腕に付けてみました。

ネ:原発って、にゃんだ?

人:ぉ、猫がしゃべっとる!

ネ:さっきから、聞いてるんだけど

人:そうだったのか、ごめん

ネ:原発って、にゃんだ?

人:そうだな、ォマェ、電気って知ってるか?

ネ:うんと、

人:夜に明かりが点いたり、寒いときに温かくするための道具を使うために必要なもんだけど

ネ:猫も使ってる?

人:ぁぁ、猫によるけどな

ネ:ふ~ん

人:人間と一緒に暮らしているヤツらは、電気は使っているだろうな、ほとんど

ネ:ふ~ん

人:たとえば、暑いときに、部屋を涼しくしたりするだろう

ネ:ぅん、夏に知り合いの人間の家に遊びに行くと、外よりずっと涼しい!

人:そうだ、それだ

ネ:にゃんだ?

人:それは、エアコンと言ったり、クーラーと言ったりするけど、電気で涼しくする機械のことだ

ネ:ふ~ん

人:他にも、ォマェ、たこ焼きとかは好きか?

ネ:たこ焼きって、にゃんだ?

人:中にたこが入っているおいしい食べ物のことだよ

ネ:ふ~ん、

人:食べたことないのか?

ネ:前に、食べたことあったかも

人:ああいうやつも、電気で焼いて作っていたりもするんだ

ネ:ふ~ん

人:わかったか

ネ:涼しくするにも、おいしいものを作るにも電気が要るっつうことか?

人:そうだ!

ネ:ふ~ん

人:冬は、寒がりのためには、暖房が要るけど、それも電気が必要なんだ

ネ:ふ~ん

人:ォマェ、猫だから、猫缶を食うだろう?

ネ:猫缶?

人:猫の食べ物が詰まった缶詰のこと

ネ:ぁ~

人:食べたことあるか?

ネ:前に、人間にもらったことがあったかも

人:どうだった?

ネ:ぉぃしかった・・・

人:そうか、それはよかった

ネ:猫缶が、にゃんだ?

人:そうだった、猫缶を作るのにも、電気は必要だって、言いたかったのさ

ネ:ふ~ん

人:わかったか

ネ:電気がいろいろ必要だってことはわかった

人:よし

ネ:だけど、原発って、にゃんだ?

人:ぁ、そうだったな

ネ:電気と原発は、どういう関係がある?

人:ォマェ、猫のくせに、なかなか鋭いな

ネ:ぇへ

人:得意なのか?

ネ:まぁな、でも、「猫のくせに」は余計だ

人:ぅ、そうだな

ネ:ぅん、・・・いいけど

人:それで、原発だけど、

ネ:ぅん、ォマェが「原発反対」なのは、にゃんでか?

人:察しがいいな

ネ:まぁな

人:電気を作るには、いくつかの方法があるんだ

ネ:ぅん

人:燃料を燃やしてその火で発電する火力発電とか、ダムを作って水を上から下に落とす力を利用して発電する水力発電とか。

ネ:ふ~ん

人:さらに、原子力発電というのがある。原子力発電をしているところを原子力発電所と呼んでいて、原発反対のときの原発は、主に、原子力発電の反対と、原子力発電所に対する反対とがあるんじゃないかな

ネ:ふ~ん

人:わかったのかな?

ネ:原子力って、にゃんだ?

人:それは、猫には難しいかもしれないんだが、

ネ:ふ~ん

人:ぃゃ、人間にも難しいことだが、

ネ:ぅん

人:いろいろなモノの最小単位で、原子というのがある

ネ:ぅん

人:原子には、いくつか種類があって、放射線を出す原子がある

ネ:放射線って、にゃんだ?

人:まぁ、そこは、ひとまず、おく

ネ:ひとまず、おくのか?

人:ぁぁ、

ネ:・・・いいけど、

人:放射線を出すのは、原子が崩壊するときだ

ネ:壊れるのか?

人:そうだ

ネ:にゃんで、壊れる?

人:理由は一つではないが、何か、強い力が加わったときに、崩壊することがある

ネ:ふ~ん

人:そのときに、すごいエネルギーを放出するんだな

ネ:ふ~ん

人:そのエネルギーを利用して、発電することを、原子力発電と言っている

ネ:ふ~ん

人:その原子力発電をする施設を、原子力発電所と呼んでいる

ネ:ふ~ん

人:ここまでは、いいか?

ネ:ぅん

人:それで、

ネ:ぅん

人:原子力発電は、これまで、クリーンなエネルギーと言われてきたんだが、

ネ:うん

人:クリーンではないんだ

ネ:クリーンって、にゃんだ?

人:ぁぁ、定義にもよるな

ネ:ぅん

人:それは、火力発電との比較で、二酸化炭素を出さないと言われていたのさ

ネ:二酸化炭素って、にゃんだ?

人:息を吸ったり吐いたりするだろう?

ネ:ぅん

人:そのときに、二酸化炭素を出している

ネ:見えないけど

人:そう、見えない

ネ:ぅん

人:二酸化炭素は、モノを燃やすときにも、出てくる

ネ:見えない?

人:ぁぁ、見えない

ネ:ふ~ん

人:ただ、二酸化炭素によって、温暖化が進むと言われて、二酸化炭素をあまり出さないようにすることが大切と言われてきた

ネ:ふ~ん・・・温暖化って、にゃんだ?

人:地球の気温が、これまでよりも上がっていくことを指している

ネ:寒いより、温暖なほうが、いいけど

人:まぁ、そうなんだが、地球温暖化は、みんなが暮らす環境に大きな影響を及ぼす。植生や動物の暮らす地域を変えてしまうことにもなる。

ネ:ふ~ん

人:今の気温だから、そこに、その植物が生えていて、その植物を食べる虫や、その虫を食べる鳥なんかが、いるんだけど

ネ:うん

人:その植物が生えなくなると、虫も鳥もそこに暮らせなくなる

ネ:暖かいだけじゃ、すまない?

人:そういうことだ

ネ:猫は、暖かいほうがいいけど

人:暖かいと生きていけない動物は、絶滅だ

ネ:冬は、暖かくなるんじゃ?

人:そうだ、しかし、冬に寒くないとダメなイキモノもいる、猫には酷だが

ネ:・・・少しは、猫も寒さをこらえないと、ダメか?

人:まぁ、冬毛を生やしてがんばることも、考えてもいい

ネ:・・・わかった

人:それで、続きだが、

ネ:ぅん

人:エネルギー資源に乏しいと言われている日本では、火力発電をするための石炭や石油は輸入頼りだ。

ネ:ぅん

人:だから、地球温暖化という環境問題とも相まって、火力発電に替わる発電方法が求められた結果、原発が推進されてきたという経緯がある

ネ:ふ~ん

人:・・・・・・

ネ:だけど、

人:質問か?

ネ:ぅん、原子力の材料は、輸入しなくて、いいのか?

人:それ、いい質問だ!

ネ:ぅん!!

人:嬉しそうだな

ネ:ぅ、まぁな

人:原子力で発電するための原料も、実は輸入に頼っている

ネ:なんか、話がおかしいぞ

人:そうだ!おかしい話さ

ネ:でも、地球温暖化はしない?

人:まぁ、そういう宣伝をしていたんだけどね

ネ:・・・ォマェが原発に反対している理由は、にゃんだ?

人:そうだな、その話が大切だ

ネ:ぅん

人:まずは、原発に関する情報には嘘が多い。

ネ:ふ~ん

人:クリーンではない。

ネ:ふ~ん

人:発電した後の放射能のゴミの処理が難しい。

ネ:ふ~ん

人:原発に頼らなくても、電気は使えるはずだ

ネ:ふ~ん

人:もし、足りないなら、電気を使わない生活を目指すべきだと思う

ネ:猫みたいに?

人:まぁ、外に暮らす猫には、それほど、電気は関係ないだろうけど

ネ:ぅん

人:人間と一緒に暮らす動物は、エアコン使ったり、医者に行ったりするから、電気も知らず知らずに恩恵を受けているはずだ

ネ:うん

人:放射能は、生物にとって、危険なものなんだよ

ネ:放射能って、にゃんだ?

人:放射線という、強い強いエネルギーを持った光線を出す

ネ:見える?

人:見えることもあるが、多くの場合は、見えない

ネ:ふ~ん

人:見えるほど、近くて強い放射線を浴びたら、死んでしまうよ、きっと

ネ:・・・こ、怖いな

人:危険なもんだ

ネ:ふ~ん

人:放射能の影響は、

ネ:電気を使っていない動物には、関係ない?

人:いや、電気を使っていようが、いまいが、人間でなくても、放射能の影響は、すべての生き物に出る

ネ:・・・なんか、不公平?

人:そうだな、大して電気を使っていないイキモノにも、原発から出る放射能は影響する

ネ:どういう影響?

人:いろいろあるけど、ガンになる可能性が高まったり、

ネ:ガ~ン・・・

人:・・・・・・

ネ:・・・ぇ、えと

人:免疫力が低下するとか、最近は言っている人もいるけど

ネ:免疫力って、にゃんだ?

人:病気になりにくくするように、からだに備わっているシステムのことだ

ネ:ふ~ん

人:だから、免疫力が低下すると、病気になりやすい

ネ:ふ~ん

人:・・・・・・

ネ:いいことはないのか?

人:・・・これまでは、クリーンで安全で安価だと言われてきたが

ネ:ぅん

人:まぁ、そういうことになっていたっていうか

ネ:・・・大人の事情か?

人:ぁぁ、

ネ:・・・・・・

人:まぁ、ごまかしてきたんだが、

ネ:ごまかしきれなくなった?

人:そうだな、昔から反対していたり、危険性を指摘している人はいることはいたんだが

ネ:あんまり、誰も聞こうとはしなかった?

人:そういうことだな

ネ:ふ~ん

人:・・・・・・

ネ:ォマェは、いつから、反対派?

人:ぅ、

ネ:ぅ?

人:・・・ォレとて、あの震災までは、ほとんど関心を持たずに生きてきたんだ

ネ:にわか反対派か?

人:ぅ・・・そう言われると、ちょっとつらいけど

ネ:図星で?

人:まぁ、そうだ

ネ:ふ~ん

人:でも、にわか反対派でも、何もしないよりは、いいから

ネ:それで、その服を着ているのか?

人:ぁぁ、これは、活動資金のために売ってるんだが、買うか?

ネ:でも、猫だし

人:そうだな

ネ:人の服は、ちょっとサイズとか、体格とか、コンセプトとかが

人:そうだな

ネ:悪いけど

人:いいよ、原発反対に関心を持ってくれただけでも・・・

ネ:それで、脱原発って、にゃんだ?

人:そうだな、反対するだけじゃなくて、どうすれば、原発に依存しない社会とか、暮らしとかを作っていけるかという指向性を持つことをしたいと思っているから、「脱」ってつけているんだと、思ってるけど

ネ:原発に依存せずに、どうする?

人:代替エネルギーとして、自然エネルギー推進という考え方もあるけど

ネ:ぅん

人:電気そのものに依存しないとか、そういう方向も考えてもいいのかもな

ネ:冷房の冷やしすぎとか?

人:そう、冷やし過ぎで電気をいっぱい使って、寒いからって服をいっぱい着ている人がいるのは、おかしいだろう?

ネ:猫も寒いのは苦手

人:そうだな

ネ:冷やしすぎをやめて、クールビズを推進する?

人:そうだな、でも、

ネ:にゃんだ?

人:クールビズもいいけど、たぶん、

ネ:そんなに単純には、解決できない?

人:たぶんな

ネ:ふ~ん

人:これまでやってきたやり方を

ネ:ぅん

人:そんなに簡単に変えられるものではないからな

ネ:だけど、脱原発はがんばる?

人:まぁな、諦めたら、終わりだからな

ネ:・・・リズムに気をつけて、がんばって

人:おう、ォマェも、猫としていろいろがんばれよ

ネ:ぅん

人:サイカド~反対!

ネ:・・・・・・

« 長ぐつをはいたネコ | トップページ | お出かけでした。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会のしくみを学習。」カテゴリの記事

そうぞう。」カテゴリの記事

コメント

えふさん、引きこまれました。

冷やすにもおいしいものを作るにも電気のいる今日。
そういうふうに暮らしてきたんですよね。
なにもかもが潤沢な供給電力の上に成立してきたもので、これからは、取捨選択。本当に必要なものと、なくてもOKなものをきっちり区別して生活する態度が求められると覚悟して、「サイカドー反対!」ですね。

miauleuseさん、アツアツ

 コメント、ありがとうですだよ。

 反対を表明するのも、いろいろな方法があるのかなと思ったりしていて、「サイカド~反対!」に出かけるのもひとつですが、日常生活をエネルギー節約型に変えていくのもひとつかな、と。

 私は、なかなか集合行動はできないので、ひとりからできるライフスタイルの改善を進めたいです。

 おいしいものも食べつつ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長ぐつをはいたネコ | トップページ | お出かけでした。 »