2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 午前中も午後も、一時的にどしゃ降りに。 | トップページ | 振替輸送。 »

2012年9月 3日 (月)

おいしかった思い出~山陰料理を堪能しました。

 東京に居ると、あまり新鮮な魚を庶民として召し上がる機会がないように思うのですが、違っていたらすみません。
 この人(=私)は、山陰育ちなので、新鮮な魚と言っても、日本海側の魚のことを主に意味しています。
 きっと、太平洋側とか瀬戸内海とかオホーツク海とか、そういう海でも、いろいろとおいしい魚はいることと思いますし、海に限らず、川魚とか、おいしいものは、いたるところにあると思います。

 自分が子どもの頃から食べ慣れていたり、親しんでいたり、おいしかった思い出のある食べ物は、懐かしくなるというか、故郷の味というか、そんな意味もありますので、主観を交えずに、客観的においしいかどうかは、ものすごいグルメの方々は別として、なかなか判断しづらいところがあると思います。

 そんなことで、いろいろと前書きしましたが、今日のご報告は、先日おいしく召し上がった山陰料理について、です。

 高級な、有力政治家たちが密談とかをするような高級な料亭などにでもいかない限り、あまり、東京で新鮮な魚などを食べることはできないと思っていたんですが、この店は、毎日空輸して、山陰から取り寄せているということでした。
 

Ca392327

 まずは、カツオを使ったサラダです。
 山陰育ちのこの人ですが、この人の母があまりカツオを好まなかったので、子どもの頃にはそれほど食べた記憶がありません。したがって、山陰料理なのかどうかも定かではないのですが、もしかすると、ほかのお宅ではよく召し上がっているのかもしれません。

 カツオといえば、高知のゆるキャラにして、気持ち悪さでもピカいちの「カツオ人間」が思い出されますが、高知ではない土地でもカツオを食べていてもいいんですよね?

 ちなみに、カツオ人間は、これです。
クリックすると新しいウィンドウで開きます

 正面から見たり、このイラストだと、わからないのですが、正体は、下の写真をご参照ください。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 隣の方がどなたかは、存じません。切り口が見事ですよね。知り合いだったら、「よく生きていらっしゃいますね」と声をかけてあげたいです。

 さて、次に召し上がったのは、見てのとおり、お刺身の盛り合わせです。白身の魚もおいしかったのですが、何の魚なのかは特定できませんでした。

Ca392328

 次は、鶏肉を使った料理です。

 なんとも言えない味付けで、大変おいしくいただきました。緑色のは長ネギです。


Ca392329


 次は、砂丘地名産の長芋です。長芋や山芋は、すりおろして麦ごはんにかけたりすることが多いのかもしれませんが、たしか、仙台名物牛タン定食には、そういうメニューがありますよね、ここでは、すりおろさずに、そのまま勝負します。
 具体的には、皮をとって、切った長芋をわさびを利かせた漬け込み汁かなんかに漬けて、それをそのまま出すという感じ。実際の調理法は聞いていませんが、きっと、そんな感じです。
 長芋のシャクっとした触感が残ったまま、わさびがいい具合にツ~ンと利いてて、イイ!

 ほかには、短冊に切った長芋に三杯酢をかけて食べるもの、結構イケマスよ。


Ca392330

 長芋をすりおろして食べたことしかない方には、ぜひお試しいただければと思います。

Ca392331

 これも、鶏肉を使った料理ですが、見てのとおり、焼き鳥です。しかし、タタモノではないおいしさ。4本の串、すべてが違う料理で、すべてがオイシイ!
 味付けもよかったですが、肉そのものがおいしいんですよ。地鶏かと思ったら、そうではありませんでした。なんだかわからないおいしい鶏肉。お薦めです、奥さん。


Ca392332

 これは、魚肉の練り物2種類ですが、左側が「あご野焼き」と言われているもので、右側が「あかてん」というものでした。赤魚と使った天ぷらという意味なので、きっと「赤天」と書くと思います。が、この人は、初めて食べましたし、名前も初めて聞きました。
 あご野焼きは、あごとはトビウオのことで、トビウオを使って作ったかまぼこ、見てのとおり、竹輪みたいな製法です。ただ、あご野焼きは、単に野焼とも呼ばれてて、大変ポピュラーでもあり、また、進物用に高級なものもあります。写真のは、庶民派です。
 高級ラインでは、ワインに浸していたり、日本酒に浸していたりして、見た目ももう少し違うものなのですが、トビウオがよく取れるんだと思われます。


Ca392333

 これは、押し寿司ですけれど、上に乗っている魚はサンマだそうです。よく酢が利いていておいしかったですが、この頃になると、宴もたけなわ・・・というか、お腹も最高潮で満腹感が押し寄せてきました。

Ca392334

 そんなこの人のお腹の具合も顧みず、次に、イカの天ぷらが登場。抹茶塩とともにお召し上がりくださいとのことでした。
 イカは、マイカをよく刺身にして食べていたものですが、透明で甘い刺身はとてもとてもおいしいですので、それは、現地でぜひお召し上がりください。
 これも、新鮮なイカを天ぷらにしたと思われますが、アオリイカという種類でした。きっと、小柄なイカの方々だと思われます。

Ca392335

 これでもか、という内容で攻めてきた後、最後には、アイスをカステラっぽい生地で挟んだケーキが登場でした。すでに、もう参りましたという感じ。
 正々堂々とした勝負で、最後はすがすがしい気持ちになりました。

 お店の方も、忙しい中、「これは、地鶏ですか?」「これは、何イカですか?」といった質問にも、わざわざ別のところに聞きに言ってきてくださって教えてくださるなど丁寧な対応ぶりで、大変すばらしかったです。

 そんなこんなで、飲み放題もついて、そういう意味ではとてもリーズナブル。
 こういう内容のメニューが好きな方は、ぜひいらしてみてください。店の名は、「炉端かば」です。

« 午前中も午後も、一時的にどしゃ降りに。 | トップページ | 振替輸送。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 午前中も午後も、一時的にどしゃ降りに。 | トップページ | 振替輸送。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。