2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 久々の雨 | トップページ | 雨、すごいですね。 »

2012年9月 1日 (土)

レミーのおいしいレストラン。

20120901


<ストーリー>
料理が大好きなネズミのレミーは、一流レストランのシェフになることを夢見ていた。ある日、姿を家の主人に見つけられ、一族は巣を追われることに。レミーは家族とはぐれてしまい、ひとりぼっちでパリの一軒のレストランにたどり着く。そこはレミーが尊敬するフレンチ料理人、グストーのレストランだった!そのキッチンでは、見習いシェフのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。湧き上がる情熱を抑えきれずキッチンに足を踏み入れたレミーは、夢中になってスープを作り直すが、それをリングイニに目撃されてしまった。料理の才能が無いことを悩んでいたリングイニは、この小さな天才シェフが人間の言葉を理解してると知り、とんでもないアイデアを思いつく。「二人で、パリ一番のシェフを目指すんだ!」 シェフを夢見るネズミと、料理が苦手な見習いシェフ ―その出会いはやがて、フランス料理界をも揺るがす“大事件”を巻き起こすのだった・・・。

 主人公のねずみは、レミーという名前なんです。

 最近、なんとなくアニメを見たりしているこの人(=私)ですが、今回は、レミーがかわいくて、ついレンタルしてみました。

 ペストのような恐ろしい伝染病は、すでに過去のものという気分で生きているわけですけれども、やはり、ネズミという動物については、食品などを汚染するという理由もあり、忌み嫌われている場合が多いのではないかという気がしています。

 もちろん、ネズミは媒介しているだけですが、そうはいっても、敢えて、積極的に、食品に触らせるようなことは、通常、しないと思うんです。

 それなのに、この作品は、その、敢えて、積極的に、ネズミとレストランをストーリーにしてしまっている点で、設定の変わったものとこの人は感じました。

 映画の配給がディズニーだと知って、まぁ、ネズミを好意的に起用するのもおかしくない、と思ったのですが。

 そう、ディズニーさんは、ネズミを愛好されていた方だと思われます。

 なにしろ、ミッキーとかミニ―も、ネズミのキャラクターですもんね。

 そんなことで、この映画では、レミーというかわいいネズミが、類稀な才能を発揮して、レシピ集を読んだり、天才的な料理を作ったりする話なのでした。

 この人も、「ネズミと食べ物・・・」と思いつつ、視聴していたのですが、まぁ、ストーリーの中の設定としては、それはそれでいいのかな、という気になってきました。

 なにしろ、レミーがかわいいんですよ。

 そんなことで、「ネズミと食べ物・・・」をどうしても受け入れられない方にはお薦めしませんが、受け入れる可能性を感じられる場合には、観てみてもよいかもしれません。

« 久々の雨 | トップページ | 雨、すごいですね。 »

働き方・働かせ方。」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々の雨 | トップページ | 雨、すごいですね。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。