2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« スロークッカーで、タンドリーチキンはできるのか? | トップページ | 科学的去勢が実施されるそうです。 »

2013年1月 2日 (水)

スロークッカーで、タンドリーチキンはできるのか?~結果編「タンドリー気味チキンの誕生」~

 昨夜寝る前に、意気揚々と(?)お知らせした(ここ)結果をご報告します。

 5時間の後、3時間ほど経過したスロークッカーを上空から眺めたところです。寝る前に見たときとはずいぶん様相が異なります。

 寝る前は、スパイスのペーストはまだ全体には広がっていませんでした。

Ca392424

 蓋をとって、よく見ると。

 サツマイモは見えますが、リンゴの姿がありません。どこに行ったのか?

Ca392425

 このままでは、ちっともおいしそうではありませんが、香りはとてもよろしく、おいしそうです。

Ca392426

 皿に盛ってみました。

 チキンは、タンドリーチキンのようでもあり、少し蒸し焼きにしているので、表面が乾燥しているというよりは、しっとりとしています。胸肉なので、ジューシーとまでは言えませんが、でも、パサパサではありません。これは、正に、タンドリー気味チキンと言えましょう。

 サツマイモも、タンドリー味になっているのですが、もともとのサツマイモのねっとりとした触感があり、柔らかく煮えていました。

 懸案のリンゴですが、どうも溶けてしまったようです。予想どおり、タンドリースパイスの辛さをリンゴの甘さがかなりマイルドにしています。

 が、やはり、姿がないのが残念。リンゴは、もっと短い時間にしないとダメだとわかりました。

 朝からかなりたっぷりしたご飯となりましたが、油っぽくなくさっぱりと召し上がれた上に、胸肉のパサつきがまったくなく、なかなかの出来栄えでした。

 次からも、胸肉で作ってみようと思います。

 フライパンを使わないと、最初に油をひく必要もなく、また焦げることもなく、パサつくこともなくて、一緒に芋も煮えるというメリットいっぱいです。

 これを機に、この料理の鶏肉部分を「タンドリー気味チキン」と名付けることとします。

 もし、スロークッカーをお持ちでしたら、一度お試しください。

« スロークッカーで、タンドリーチキンはできるのか? | トップページ | 科学的去勢が実施されるそうです。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

発見。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スロークッカーで、タンドリーチキンはできるのか? | トップページ | 科学的去勢が実施されるそうです。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。