2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« もうすぐ、もうすぐ。 | トップページ | 宇都宮餃子は、ちょっとしょっぱかったです。 »

2013年3月15日 (金)

怪しいピンクの弁当。

Ca392464

 今日はゆるい一日を過ごしました。

 ゆるいと言っても、普段が雑談などすることもなく、黙っているこの人(=私)にとっては、いつもよりもいろいろな人と会話をする回数が多かったのでした。

 来年度の構想をしてみたり、人が聞いて来たり相談してくることを一緒に考えたり・・・。

 あとは、関連文献を読んだりしつつしておりました。

 ヒルゴは、みんなが出かけてしまっていつもよりも手薄なので、席で召し上がりました。

 召し上がったものについては、上のとおりです。

 で、このなんとなくピンクのお弁当をみてください。

Ca392463

 もっと大きく見ると、こんな感じです。

 これは、先週も見かけて、コンセプトのよくわからない弁当だと話題になっていたので、記憶していたんです。

 そのときは、「ちょっとずつ余ったので、それを寄せ集めたんじゃないのか」という意見が出て、なんとなくそれで納得していたわけです。

 つまり、一期一会の弁当なのだ、と。



 ところが、今日、何気にまたあるではないですか!

 一期一会かに思えた、趣旨のわからないお弁当の構成は、それなりに、主張のあるものなのではないか、という気がしてきて、いろいろ考えてみたわけです。

まず、おかしいのは、なんとなくピンク、という配色です。

 もちろん、お弁当は、というか、日本のお弁当は、配色に気を遣うことが多いと思われます。煮たり焼いたりすると、だいたいは茶色っぽくなるものですが、それだけだと彩に欠けるので、赤いウインナーを入れたり、プチトマトを入れたりして赤みを補ったり、ブロッコリーを入れることで緑色を添えてみたり・・・。

 なのに、このお弁当には、そういった意思がまったく感じられませんでした。

 さらに、なにゆえ、全体的に同じ色なのか・・・。

 それも、よりにもよって、ピンクですよ、奥さん。

 そんなことで、激写の後は、味を確認してみなければなりません。

 鶏肉の上にかかっているドレッシングなのか、ソースなのか、よくわからない薄ピンクの液体・・・。散らされているピンクの破片。

 これは、なんなのか?

 ちょっとすっぱかったです。破片は、カリカリ梅を細かくしたものだと思われます。ですので、ちょっとすっぱい味は、カリカリ梅のつけ汁ではないでしょうか?

 梅酢っぽいすっぱさのあるソースがかけられている鶏肉が、他の薄ピンクのヤツラとともに、白いご飯に乗っておられる・・・、基本構成は、このようなものでした。

次に、ポテトサラダ的な外見の、なんとなくピンクのものを食べてみなければなりませんでしょう。

 一瞬、ジャガイモとタラコを混ぜたタラモサラダか?と思ったのですが、タラコはおられませんでした。

 じゃあ、味のベースはマヨネーズか?と思いきや、湿りがそれほどなく、マヨネーズの味もしません。

 むしろ、もうちょっと乾いた感じで、やっぱり、ちょっとだけすっぱかったような・・・、不思議な味でした。

 ピンクのレンコンに、緑色のはパリッとした茎っぽい漬物でした。

 そんなこんなで、白飯をいただくには、やや役者不足の状況にありましたが、もう一歩まで食べ進むことができまsた。

 最後は、デザートらしきゴマ団子でした。これは、特に、ピンクではなく、中身にもピンクのものはありませんでした。

 全体として、不思議体験でした。

 で、コンセプトをこの人なりに考えてみたんです。

 現在までの暫定的な結論は、春をモチーフとした花見弁当で、一つずつしか仕入れがないのは、一つずつを置いてみて、売れ行きを伺っている、つまり、マーケティングの最中なのではないかということです。

無事に、2個は売れたので、このままですと、花見シーズンに花見弁当として大量に出回るかもしれません。

 なんとなくピンク弁当、打って出るのか?

 今後も、引き続き、動向を注視する必要があります。


インターポット

えふさんの庭を見に行く

 IP世界の庭では、この人が出かけて、うろついておられます。

 ねらいどおり、東京タワーの足元に黄色い花が咲きそろって、うれしいです。

 IP世界では、一足先に桜が満開ですが、それにちなんで、アバターも服を着替えてみることにしました。

インターポット

えふさんの庭を見に行く

 どうでしょうか?

 よくわからないと思いますが、緑色の地の服に、さくらんぼのピンクがワンポイントで付いているTシャツを着ています。

 来週末には、東京でも開花予想ですので、このまま順調に天気も続くといいなと思います。

 花粉やその他の不調にも負けず、この人も、しばらくは、なんとなくピンクな気持ちでがんばります。

« もうすぐ、もうすぐ。 | トップページ | 宇都宮餃子は、ちょっとしょっぱかったです。 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« もうすぐ、もうすぐ。 | トップページ | 宇都宮餃子は、ちょっとしょっぱかったです。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。