2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 脚、長いですね。 | トップページ | 植物や動物の方も、がんばっておられます。 »

2013年5月12日 (日)

言語の習得について

 先日の著書の続き(ここ)なのですが。

 ロシア語の一流通訳者として活躍されていた米原さんの言語習得に関する考え方が非常に興味深いのです。

 そして、在プラハのソビエト学校で行われていた小学校の授業にも惹かれました。母国語としてのロシア語を、突き放して、文法もきっちりと教えるという方法は、この人(=私)の感覚からしても、正しいように思えるからです。

 すべての勉強の基礎は、国語だというのに、強く賛同するのです。

 そういう点では、小学生から英語を取り入れること自体の是非の前に、母国語としての日本語がどのくらい効果的に教えられているのか、それを土台としてどれくらい母国語としての日本語の読解力や表現力が、大人において習得されているのかを考えてみる必要があるように思いました。


オクテの方が、完成度は高い

米原 私が通った学校はだいたい五十か国ぐらいの子どもたちが学んでいました。ロシア人が半分、ロシア語をできる人が半分で、あと半分はまったくできない子ばっかりだったんですけど、私も含め、半年後には全員が、できるようになっちゃうんですよ。それは外国語の才能とは、関係ないんです。

糸井 カリキュラムというのは、一日何時間で毎日、みたいな・・・・・・?

米原 低学年は、四十五分の授業が四時限。四年ぐらいから六時限になるのね。それで、一クラス二十人ぐらいで。

糸井 で、理科だ、社会だみたいなことを教えるわけですよね。

米原 ええ。だいたい、三年までは国語と数学しかない。毎日国語の時間がたくさんあって、国語でぜんぶ教えちゃうのね。理科も社会も地理も、ぜんぶ国語で。

糸井 つまり、読みものとして、例題として、社会があるわけだ。

米原 そうそう。読みものの内容が社会的なものだったりするんだけれども。ロシアは、とにかく「言葉があらゆる学問の基礎学体力だ」という考え方なのね。だから、これを徹底的にやるんです。国語といっても文法と文学に分けて、文法はむしろ、本当は母国語なのに、徹底的に外国語として突き放して勉強していましたね。

糸井 そのメソッドは、今、考えても、いいものだった?

米原 非常にいいですね。日本人が外国語を勉強する時に苦労するのは、結局、私たちは日本語の、自分の国の言葉の文法を、ちゃんとやっていないからなんですよ。

糸井 そうです。

米原 つまり、客観的に一つの体系を、自分の国の言葉を持っていないんです。だから、もう一つの体系をやるときにゼロからやらなくちゃいけないんですよね。でも、一つの体系をきちんと把握していれば、次の体系を身につけるのは、はるかに楽になるはずなんです。だかr、あ母国語でそれをやる方がいいんです。母国語を、きちんとやった方がいいんです。・・・・・・と、私は思うんですけど、まあ、それはそれとして。とにかく五十か国の子どもたち、ロシア語を半年後にはみんな自由にしゃべれるように、また、書いたり読んだりできるようになるんですね。ただ、おもしろいことに、ロシア語と親せき関係にあるスラブ語の、例えばチェコ語とかポーランド語、そういう国から来た子は、大体二、三か月でロシア語ができるようになります。近いから。スラブ系ではなくても、同じインド=ヨーロッパ語族、フランスとかドイツから来た子は四、五か月かかる。で、日本なんて遠いじゃないですか。言葉としての親戚関係は全然ない言葉ですね。アラブとか、モンゴルとか、朝鮮とか、そういうところから来た子はやっぱり六か月ぐらいかかる。時間がかかる。

糸井 でも、二カ月しか違わないですね。

米原 まぁ、そうです。でも、大きいですよ、子どもにとっての時間というのは、ただ、身につけたロシア語を見ると、言語的に離れた国のほうが、完璧に身につけるの。

糸井 え?それはどういう・・・・・?

米原 私も電話で話すとロシア人に間違えられる。これは自慢じゃなくて、日本人はみんなそうです。モンゴル人とか、離れている子はみんなそうなの。言葉の選択とか、文法とか教科書では明示されない言葉の愛称とか、いろいろ細かい文章化されない規則がありますでしょう?そういったものも正確に身につけるんですよ。それからイントネーションとか発音なども完璧に、本国人と変わらないものを。ところが、とても近い言葉を母国語にして、実際にロシアで生活してゆくような子、この子たちは永遠に自分の国のなまりを引きずったまま、ロシア語を、しゃべるんですよ。その後もそのままロシアに留学して、大学に行って出て、大人になってロシア語で生活しているのに、自国語なまりそのまま丸出し。何年やっても。

糸井 何かわかる気がしますね。

米原 結局、よくわかったのは、本人が努力家だとかまじめだとかいうのとはまったく関係なく、脳には省エネ装置がついてるの、サボり装置が。だから、自分が既に持っている言葉のパターンがあって、それが似ているロシア語があったとすると、新しいものを身につけないで、もう既に持っているもので間に合わせようとします。

糸井 そうできているんだ?

米原 だから、近隣国の子は、覚えが早いんです。ところが、日本語みたいに離れていると、使える引き出しがないんですよ。だから、最初のまっさらから身につけなくてはいけないから、そうすると完璧に身につくんですよ。

糸井 それはそうだ。

米原 だから、何かに関して、すごく習熟が遅い子とかいるじゃないですか。それは別に言葉に限らず、そういう子って、逆に完璧に身につく可能性があるんですよね。

糸井 ということは、回り道をした方がいい、ともいえますねえ。

米原 そう。だから、すごく器用で、すごく早く身につける子というのは、優秀ではあるんだけれども、表面的だったりするんですよ、身につき方がね。言葉については本当に私自身の体験で、これは確信を持っていえますね。

糸井 一番遠い語族だったからよかったと。

米原 遠いから、うまくなる。(290-294)

« 脚、長いですね。 | トップページ | 植物や動物の方も、がんばっておられます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

異国語の勉強。」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。ネリノと申します。

私も米原さんの著作が好きで、いくつか読んだことがあります。

紹介されている本はまだ読んだことがないですが、母国語の修得が基本という話は興味深いですね。私もすごく賛同します。

最近、小学校に入る前から英語の習い事をさせる親が多いみたいですが、そこまでしなくてもいい気がしています。外国人に慣れるとかいう意味では、効果があるかもしれませんが。

えふさんは、本もいろいろ紹介されているのですね。私も読書好きなので、またお邪魔したいと思います。それでは。

ネリノさん、はじめまして。コメントありがとうですだよ。

 私は対談本が結構好きなのですが、米原さんのご著書の中でも、これは私にはなかなか興味深いことがたくさん語られているので、お薦めです。

 最近、本の紹介があまりできておりませんが、またよろしければいらしてください。

 もっと、本を紹介したいと思いつつ、時間のなさを理由にできていません~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 脚、長いですね。 | トップページ | 植物や動物の方も、がんばっておられます。 »