2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 雪は降りませんでしたが。 | トップページ | 明日から、エネルギー消費をがんばります。 »

2014年1月16日 (木)

東洋経済:なぜ「すごすぎる母」ばかり、記事になるのか

 たまたま今日アップされたようですが、東洋経済のウェブ版です。

 その名も、なぜ「すごすぎる母」ばかり、記事になるのか、です(ここ)。

 そう、ここでは、「すごすぎる母」ばかり、働く女性たちのロールモデルとして連載されていたのでした。

 しかし、この人(=私)は、今回の記事のタイトルどおりの疑問を持っていたのでした。

 ですので、今回の記事は、非常によい着眼ですし、連載をされている編集部の方々も、同様の感覚を持ちつつの連載だったとわかり、ほっといたしました。

というのはですねぇ、「ロールモデル」って、ある程度がんばれば、真似できる人のことじゃないですか、と思っていたんです。

 「ある程度」がポイントです。

 「死ぬほど」がんばるとか、「あり得ないほど」がんばれば実現できることを示してもらっても、むしろ、最初から、「こんなことは、私にはとてもできない」とか「こんなことまでしないと、子どもを持って働き続けることができないのか」という感想を抱かせることになりがちだと懸念していたのでした。

 そして、「すごすぎる」事例を掘り出すのは、「ある程度」がんばれば真似できる事例を掘り出すよりも、たぶん、簡単なんじゃないか、と好事例収集をしていた経験から、判断していました。

 今回のこの記事では、企業の広報部などに紹介の依頼をされてのものだと知り、「さもありなん」と思ったのですが、その後の、企業としての働く母への期待に対する考察には、なるほど、と思わされました。

 はい、すぐれた考察だと思いますし、こういう観点が共有されつつ、今後も連載が続けられるのであれば、引き続lき、注視させてもらいたいです。

 そういうことで、編集部の方々、今後とも、連載を楽しみにしておりますので、がんばってください。

 また、今回の記事で示された問題意識を、より掘り下げるような記事が読めることも、大いに期待しております。

 ということで、この記事、一読されることをお薦めいたします。

« 雪は降りませんでしたが。 | トップページ | 明日から、エネルギー消費をがんばります。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪は降りませんでしたが。 | トップページ | 明日から、エネルギー消費をがんばります。 »