2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 職員食堂~。 | トップページ | 少し惜しかったですが、東京は今日桜が満開でした。 »

2015年3月28日 (土)

本当は、動いていません。

  「錯覚で動いて見える図」で検索して発見しました。

 でも、じわじわと動いているように見えます。

 これが、虫の集合体のようなものだったら、きっとゾワゾワとするに違いありません。

 紅葉みたいで、好感度は高いです。

 他にも、いろいろありますよ。



ここ

 ひとつひとつに、名前があるところがおもしろいです。

 どうやって、誰が作ったんでしょう。

 このページは、立命館大学の北岡明佳さんですね。

 「錯視」と呼ぶんですね。

 『錯視入門』っておもしろそうです。

書 名: 錯視入門
著 者: 北岡明佳
体 裁: B5変型判 248頁 パートカラー
価 格: 定価3675円(本体3500円)
ISBN : 978-4-254-10226-0 C3050
刊行日: 2010年6月30日
発行元: 朝倉書店

◎略目次
第1章 ものの大きさや傾きが変わって見える錯覚-幾何学的錯視-
第2章 ものの明るさが変わって見える錯覚-明るさの錯視-
第3章 ものの色が変わって見える錯覚-色の錯視-
第4章 静止画が動いて見える錯覚-動く錯視-
第5章 ないものが見えてくる錯覚-視覚的補完-
第6章 あるものが見えなくなる錯覚-消える錯視-
第7章 ものに奥行きがあるように見える錯覚-立体視と空間視-
第8章 ものが見えにくくなる錯覚-隠し絵-
第9章 顔に特有と考えられる錯覚-顔の錯視-
第10章 錯視とは何か
文献
索引

« 職員食堂~。 | トップページ | 少し惜しかったですが、東京は今日桜が満開でした。 »

発見。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 職員食堂~。 | トップページ | 少し惜しかったですが、東京は今日桜が満開でした。 »

世界時計