2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 今日から、新しく始まる。 | トップページ | スマートフォンをキーボード入力できるようになりました♪ »

2015年4月21日 (火)

映画はまだ観ていませんが。

 同名の映画が制作され、あちこちで上映されているようです。

 しかし、一般映画というか、商業映画と違って、シネコンとかで見られるわけではないので、なかなか鑑賞する機会が持てていません。

 最近、同名の書籍があると聞き、さっそく読んでみました。

 4部12章からなる本書は、12人の「フェミニズムを生きた女たち」を映画監督で、本書の編者でもある松井久子さんがインタビューしたものがまとめられています。

 この分野では、どの方も著名な方なので、また、ご自身の生き方やフェミニズムとのかかわりについて、これまでも、講演されたり何かに書かれているのを読んだことがある方も何人もいらっしゃいました。

 この人(=私)は、そういう意味では、初めて知る内容というよりは、復習的な感覚を覚えつつ、しかし、初めて知る内容には、「ほ~」とか「ふ~ん、そうだったんだ」と思いながら読み進めることになりました。

 年代がこの人よりも上の方々ですから、若い頃の進路選択や職業選択の際に言われたという周囲の人々からの言葉には、「今なら、さすがに、そこまでは言われないんじゃないか」と思うような、露骨な差別的発言や、「女はこうあるべき」の規範の強い中で自分の意思を貫いた方の話には、感銘を覚えました。

 それにしても、「女はこうあるべき」の内容は、その当時と今では随分と変わったとは思いますが、それでも、いまだに、どういう働き方をするのかや、どういう家族との関わりをするのかなどについては、「あるべき像」がしっかりとあるように思いました。

 ただ、それが、リブの頃のように、わかりやすく、時には暴言としてはっきりと示されることなく、わかりにくい形で、明示ではなくほのめかしのような形をとって、現代を生きる中年くらいまでの女性たちにも乗りかかっているような、そんな気がしました。

 映画のほうも、そのうち、見てみようと思います。

« 今日から、新しく始まる。 | トップページ | スマートフォンをキーボード入力できるようになりました♪ »

映画」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日から、新しく始まる。 | トップページ | スマートフォンをキーボード入力できるようになりました♪ »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。