2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 今日で10月も終わり | トップページ | 若年女性の「家事手伝い」から非正規中年シングル女性の問題 »

2016年11月 4日 (金)

コウノトリの方

片脚を失ったコウノトリ、義足を与えられ元気に回復 ドイツ

 事故で片足を失い、義足をつけてがんばっていらっしゃいます。

 ドイツに居住されているようですが、ここ で紹介されています。

 コウノトリの方々は、長旅をされるので、今ドイツにいるからといって、ドイツに永住する気があるのかはよくわかりません。

 また、日本にもニホンコウノトリという種類がおられますが、ツルと間違えられやすいが、まったく違うと強調されていました(ここ )。

 ニホンコウノトリよりも、この写真のコウノトリの方のほうが顔が優しげでよろしいです。

 ニホンコウノトリは、つんとした感じ。性格はフレンドリーかもしれませんが、それほどのおつきあいはないので、外見から受ける印象ばかりですみません。

 一時、ちょっと話題になった上野動物公園にいるハシビロコウも、「コウ」とつくので、コウノトリの仲間なんでしょうか。

 コウノトリ目>コウノトリ科なのですが、ハシビロコウは、コウノトリ目>ハシビロコウ科だそうです。

 科の並びだと、ほかに、サギ科やトキ科、フラミンゴ科などがあり、ツルとは目が違うので、まったく違うのですが、科の違いでも、やっぱり結構違うようです。

 だけど、コウノトリさんのことが気になるこの人(=私)としては、サギも気になる鳥なので、なんとなく、背が高くてすらっとしている鳥として、広く仲間かと思って納得しました。

 脚も長くて羨ましい。

 いずれも、この人にはない要素なので、好きなのかもしれません。

 この気づき、ちょっとヤダ。

« 今日で10月も終わり | トップページ | 若年女性の「家事手伝い」から非正規中年シングル女性の問題 »

写真。」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日で10月も終わり | トップページ | 若年女性の「家事手伝い」から非正規中年シングル女性の問題 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。