2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 持ち時間について考えるこの頃 | トップページ | 活動量計 »

2017年7月26日 (水)

今日、急遽検査をすることになったので。

 病院ウィークは、月・水・金に加えて、土曜、それから来週水曜に拡大しました。

 今日は、初診だし、診察のみで出かけたのに、予約する検査だと2か月先になるからと、今日空いているかどうかをすぐに確認してくれて、なぜか空いていたので、急遽、検査をしてもらえることになりました。

 久々のMRIです。

 といっても、3回目?

 で、前回の画像がもらえるなら比べたいといわれ、この人(=私)も同様に考えていたので、前の病院に電話して聞いてみました。

 そうしたら、診察しないでも、資料だけ出してもらえるとの回答。

 で、いつ頃検査したのかの情報があると、対応が早いとのことでした。

 そういえば、ここに前回所感を書いていたような気もしたので、検索してみると、ありました~。

 3年前の8月上旬に受けていたことが判明したのです。

 これで、いつだったかわかって、来週検査結果を聞く時にも、お伝えすることができます。

 そんなことで、土曜は画像を申し込むことも含めて、同じ病院なので、ついでに受診もしてくることとしました。

 今日のMRIは、ここでは初めてでしたが、頭部ではなかったので、あの筒形の機械から頭が半分くらい出ていて、閉塞感もなくて、よかったです。

 閉所恐怖症ではありませんが、やはり、筒に30分もはいりっぱの上に、工事みたいな音をずっと聞かされていると、気持ちが沈んでしまいます。

 今日は、金属類を身に着けていないかの丁寧な事前チェックの際に、「閉所恐怖症ですか」と聞かれました。

 覚えていないだけかもしれませんが、前2回では、そういうことは聞かれなかった気がします。

 閉所恐怖症の人は、たぶん、かなり苦痛だろうと思われますが、仮に、「はい」と言った場合には、どういう対応がしてもらえるのでしょうか。

 気になります。

 今日は、音も掘削機械のような音はしませんでした。

 わからないけど、だんだん検査機械も進化しているのかもしれないですね。

« 持ち時間について考えるこの頃 | トップページ | 活動量計 »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 持ち時間について考えるこの頃 | トップページ | 活動量計 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。