2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« あんぼ | トップページ | 病院ウィーク »

2017年7月13日 (木)

もさもさの境遇

 もさもさは、この人(=私)のことを非常に警戒しており、険しい顔でこちらを観察していたのですが、昨夜、なついている別の方が一緒にいたことがあったのか、突然、足元にスリスリを働き、初めて聞くかわいい声での「にゃ~」で、何かを訴えてきました。

 スリスリしてきた足元は、黒いパンツの裾にもさもさの立派な毛がいっぱいつきました。

 そして、もさもさをかわいがる近所の方から、衝撃の情報を得たのでした。

 もさもさは、たまに、数日どこかに行ってしまって姿が見えないときがあるのですが、その後、黄色いリボンをして、戻ってくることがあるのです。

 ですので、この人は、もさもさにとっては、本家みたいな、別宅がどこかにあるのではないかと思っており、数日ごとに、この人の近所にも現れる、そういう猫だと思っていたのです。

 ですが、昨夜聞いたところでは、もさもさは、もともとの飼い主に、引っ越しの際に、置き去りにされたというのです。

 なんという衝撃的な過去。

 もさもさは、それにもかかわらず、人間不信にもならず、親しい人間には人懐っこくすり寄り、愛想を振りまいていたのでした。

 あの、不愛想で険しい、この人に見せる表情は、いったいなんだったのでしょうか。

 すっかり、人懐っこい猫としての側面を大いに利用し、きっと、生活を成り立たせていたのだと思われます。

 つまり、ご飯の調達では、人懐っこい猫の面をアピールし、また、飼い主の引っ越しに一緒に連れて行ってもらえなかったかわいそうな猫として同情を集めるという、下積みの長い演歌歌手のようなストーリーで、生き抜いてこられました。

 もさもさ・・・、健気にがんばっているんですね。

 今日は、帰りにみたら、縁側で寝そべって、この暑さを味わっていらっしゃいました。

 でも、引っ越していったのは、本当に飼い主だったのでしょうかね?

 たまたま、足繁く通っていた、仲良しの人間だったのではないか、という気も、この人はしているのです。

 猫をわざわざいじめる人間がいるとは、この人は、あまり信じたくないのかもしれません。

« あんぼ | トップページ | 病院ウィーク »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あんぼ | トップページ | 病院ウィーク »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。