2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« かなり明確な格差があるようです。 | トップページ | それなりに、なんとかなりそう。 »

2017年9月 3日 (日)

発表すると、それなりに反響がありました。

 今日は、この人(=私)にとっては、ずうずうしい発表の日でした。

 何がずうずうしいのかと言うと、7月8月と何も準備することができなくて、6月の時点から一歩も進んでいないのに、日付などだけ書き換えて、それを使用しての発表だったからです。

 まぁ、別の場なので、同じ内容でも、別の方々が聞いてくださり、それぞれ、いろいろな質問やコメントをいただけるので、結果的には、大変有益だったわけですが。

 去年知り合った若い人も、関心を持ってくれて、わざわざこの人の発表を聞きに来てくれたのでしたが(予告されていました・・・)、他の方々が時間を超過してもあまりまとまらずに、時間を使っているのに対し、この人はきっちり時間管理をして終わったので、それについても、褒めてもらえました。

 まぁ、同じ報告、2回目ですから(笑)。

 だいたい、どこら辺をきちんと説明し、どこを飛ばすかは、前回と同じでよかったのでした。

 ま、そのくらいは、ある意味、プロとして当然の構えだと思うのですが、実態は、資料を見ると、半分くらいのところで、すでに「あと5分」を知らせるベルが鳴ってしまったり・・・、「もう終了してください」のベル2回が鳴っても、まったく構わず自説を述べられるなど、すごいなぁと思った次第です。

 ここ1年半ほどで、以前よりいっそう強く思うようになったのですが、ある種のプロであるならば、何かしらの報告ならば、報告時間を守り、何かを書くのならば、〆切は守り、かつ、字数制限があるのならば、それも守る・・・それでいて、十分な内容のものに仕上げる、くらいは、そういう仕事で食っているプロとしては、かなり当たり前のことなのではないか、と思うのです。

 この人は、そういうプロではありませんが、そういうことをきちんとするプロが好きです。

 脱線しましたが、今日においても、そこそこ好意的に受け止めてもらえ、また、発表が済んだあとにも、聞いていた数人の人から、寄ってきて、コメントとか感想をいただくことができました。

 こういうの、単に、聞くだけで参加していると、まったくできない経験なので、やはり、何かしらの機会を得て、人の前で発表していくことは大事なあと改めて思った次第です。

 まぁ、そこまでは割と容易なのですが、この人の場合は、そこから先がなかなかのハードル。

 でも、なんとかたどりつきたいと思います。

« かなり明確な格差があるようです。 | トップページ | それなりに、なんとかなりそう。 »

仕事R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かなり明確な格差があるようです。 | トップページ | それなりに、なんとかなりそう。 »

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。