2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« なんとなく、四半世紀ぶり。 | トップページ | 避難したくなる避難所を »

2019年9月14日 (土)

布引ロープウェイ、なかなかの迫力。

Kimg1504

 用事が済んでから、まだ、明るかったので、布引ロープウェイに乗って、ハーブ園を散策しようかと思いました。

 しかし、もたもたしていて(本当は新神戸駅からロープウェイ駅に行くのに、三宮駅から徒歩でロープウェイ駅に行けると思って、3周くらい三宮駅をグルグルしました。。。)、それだけではありませんが、ナイター時間になっていましたので、ハーブ園はない割安価格のナイターで、頂上に一気に行くプランにしました。

 ハーブ園は、日中ならば、途中にある駅から降りられるのですが、それがなしで、一気に頂上まで行くのでした。


Kimg1507

 最初は、わくわくしていたこの人(=私)ですが、だんだんとこのロープウェイの勢いに圧倒されてきました。

Kimg1508

 というのも、ジェット機だって、シートベルトがあるわけです。

 しかし、このロープウェイは、この個室(?)に向かい合わせにベンチがあるだけで、そこに座っているしかないのです。

 中の表示に、「危ないので立たないでください」とはあります。しかし。

 立たないだけで、座っているけど、この人を固定するものは何もないのです。

Kimg1509 Kimg1510 Kimg1511 Kimg1512

 そのような心配も何のその。ロープウェイは、どんどん高度を上げていきます。下界に夕焼けの神戸市街が見下ろせるのですが、向こうに海も見えて、なかなかの景色です。

Kimg1513 Kimg1514

 西側に、日没の様子で、夕焼けもきれい。スマートフォンのカメラの性能上、あまりきれいに見えないのですが、肉眼ではもっと赤い色が強いピンク色でしたよ。
Kimg1515

 そうはいっても、真下を見ると、相当の高度。ここから、突如落ちたら、命はないものと思われます。
 そんな想像しなくてもいいのですが、でも、ちょっと想像して、ドキドキしました。

Kimg1516 Kimg1517

 なんとか無事に、ロープウェイは、一番高いところまで到着しました。帰りもあの迫力なのかと思いつつ、ひとまずは、地面に降り立ったことを感謝(笑)。

 この人のスマートフォンのカメラは、スマートフォンのカメラの中ではなかなかの高性能なのですが、やはり、光の感知の仕方が、人間の肉眼とは違います。繰り返しになりますが、肉眼で観たほうが、ずっと素敵な夕焼けでした。

 ※ちなみに、ですが、激写した写真をメール経由でPCに受け取っているので、その過程で、サイズが小さくなってしまい、ブログでの表示では、ちゃちな感じになってしまいました。

 ぜひ、肉眼で観に、直接いらしてみてください。

Kimg1518

 この人(彫刻のことです)は、どういう趣旨でうつむいておられるのか、特に説明もなく、広場に立っておられました。

 気になりますが、わかりませんでした。

Kimg1519 Kimg1520

 このような素敵な建物が、こんな山の上にも。

 やはり、神戸はおしゃれですね。かないません。


Kimg1521 Kimg1522 Kimg1523

 そして、激写スポットの端っこで、最後の夕焼けを激写。

 同じことを言いますが、肉眼ではもっときれいでした。

 また、たぶん、一眼レフでは、もっと肉眼に近く撮影できると思います。

 カメラ小僧というか、カメラじじいが、大変立派な一眼レフと三脚で激写に熱が入っておられました。半ダースくらいカメラじじいが。

 残りは、デートらしき若めの方々でした。
 
 やはり、景色を撮影するには、一眼レフを持ってきたほうがいいですよね。

 この人も、及ばずながら、一眼レフはありますが、今回は、激写が目的ではないので、持参しておりませんでした。

 その分、肉眼でよく見ましたので、よいことにします。

 あとは、帰り道がありますが、次の記事で。

« なんとなく、四半世紀ぶり。 | トップページ | 避難したくなる避難所を »

からだメンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとなく、四半世紀ぶり。 | トップページ | 避難したくなる避難所を »

世界時計