2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

« 自宅にWi-Fiを導入しました。 | トップページ | オーケストラの指揮者を目指した女性の話。実話です。 »

2020年1月13日 (月)

『ある女流作家の罪と罰』

Photo_20200106164101

 この映画は、実話に基づくものだそうです。

 もともと売れていない女性の伝記作家ですが、仕事を首になり、猫が病気(好物を食べようともしない)のようなので、獣医に連れて行ったら、ツケがたまっていて、それ以上はツケでは見られない、せめて(定価の)半額は払ってくれと言われて、カウンターで追い返されてしまう。

 そんなこんなで、腐っていると、以前の知り合いに再会。

 ジャック・ホック。彼はゲイなんだそうだ。で、中心的な主題ではないですが、主人公も同性愛者です。

 そこから、昔の著名人の手紙を偽造して、小金を稼ぐことを思いつく。

 

 奇妙な再会のゲイとレズビアンは、だんだんと友情というか、仕事を通じた関係を深めていく。

 実際、400通も偽造していたそうです。

 主人公の女性の伝記作家ですが、清潔とはほど遠いし、出版エージェントにも遠慮のない物言いしかできない。

 いよいよ仕事を干されることになるわけですが、それでも、自分を曲げようとはしない。

 そんな、あんまり、人間とはつきあうのが得意ではないのですが、猫のことは愛して、なんとかやっていこうとします。

 地味な映画だとは思いますが、ジェンダー規範の薄いストーリーで、セクシュアルオリエンテーションについても、さほど強調せず、自然体といえば自然体の態度でした。

 

« 自宅にWi-Fiを導入しました。 | トップページ | オーケストラの指揮者を目指した女性の話。実話です。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅にWi-Fiを導入しました。 | トップページ | オーケストラの指揮者を目指した女性の話。実話です。 »

世界時計