2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

カテゴリー「ニュース」の387件の記事

2019年10月14日 (月)

避難したくなる避難所を

 このたびの台風19号は、非常に大きな被害をもたらしました。

 被害に遭われた方々には、お見舞いを申し上げます。

 亡くなった方も今日の報道では50名を超えるようで、本当に、この人(=私)自身がなんともないことが、なんとなく、申し訳ない気持ちになります。

 今日から、日常に戻ったわけですけれども、今日も、まだ浸水の片づけをされている方や、まだ救助や避難の渦中におられる方もいらっしゃるようで、祝日で役所は休みモード(もちろん、災害対策などで出勤されている方も多いかと思いますが)で、外向きの情報があまりわからず、気を揉んで過ごしました。

続きを読む "避難したくなる避難所を" »

2019年3月 8日 (金)

国際女性デー。

 はい、今日は、まさに、国際女性デーでした。

 しかし、この人(=私)は、朝に起きたものの、ゆっくりいたしました。

 昼寝というか、午前からの昼寝を実施もいたしました。

 よく寝たので、体調がよくなりました。

 はい、今日は仕事は休みだったものですから。

 青山通りにある国連本部周辺では、ウィメンズマーチが予定されていたようですが、夕方のそのイベントには参加しませんでした。

 夕方からは、カフェで読書。

 最近、超御長寿の方々に関心があって、いくつかの本を読みました。

 『百まで生きる覚悟』はなかなかでした。長く生きるといっても、多くの人は、「健康で長く」生きることを望むものです。この新書では、長く生きて活動的な方々にインタビューをして、彼女・彼らに共通するものを見つけ出したり、暮らしの知恵などが書かれています。

 『現役最高齢プロフェッショナルの教え』は、80代、90代を中心に、その職業での現役最高齢で活躍する方々にインタビューを行い、仕事に対する考え方を聞いています。現役最高齢で活躍すること自体もすごいのですが、とある道で、プロフェッショナルでいることも、すごいことです。
 その方々に、仕事に対する姿勢を聞くことは、非常に参考になりますね。

 『笑う101歳×2』は、映像で、ドキュメンタリーなのですが、101歳の男女ふたりが登場されます。これも、なかなか。

 これから、『女一生の働き方―貧乏ばあさん(BB)から働くハッピーばあさん(HB)へ 』を読む予定です。

 そんなこんなで、国際女性デーに、女性や女児のことを考えつつ、長寿になった女性たちがハッピーに生きていける世の中を目指さねばならないと思いました。

 貧乏ばあさんでは、サバイバルできませんからね。お金のことも、大事です。

続きを読む "国際女性デー。" »

3月8日は国際女性デー

 あっという間に、3月になっていました。

 今日は、もう8日です。先ほど日付が変わったばかりですが。

 少し暖かくなったと思ったら、また、冷えてきました。

続きを読む "3月8日は国際女性デー" »

2018年10月 1日 (月)

台風一過の朝は、交通大混乱。

 昨日の夜は暴風で、ときどき大きな風の音に目が覚めましたが、朝起きたら、家がちゃんと元の位置にあって、安心しました。

 「オズの魔法使い」だと、台風ではなく、竜巻だったのでしょうか、家ごと飛んでしまう話だったと思います。あんなことにならないか、少し心配しました。

 駅までの道には、小さな公園があるのですが、そこに生えていたひょろっとした木が、根っこから倒れていて、ビックリしました。

続きを読む "台風一過の朝は、交通大混乱。" »

2018年8月23日 (木)

障害者雇用のごまかし、中央省庁の罪

 

2014年に同省所管の独立行政法人・労働者健康福祉機構(当時)が障害者雇用率を水増ししたことが発覚した際、同省は当時の幹部職員3人を刑事告発し、関与した他職員も減給や停職などの処分をした。


 このとき、同省は他の独立行政法人には不正がないか確認したが、省庁への調査はしなかった。同じ中央省庁として身内への甘さや遠慮があったのではないか。

続きを読む "障害者雇用のごまかし、中央省庁の罪" »

2018年8月11日 (土)

ジェンダー学科を禁止?ハンガリー、猛暑なのか?

 暑すぎるのと、睡眠不足だと、まともな思考能力を失いますが、ハンガリー、猛暑でサマータイムなのでしょうか。
 しっかりしてくださいよ、ハンガリー。
 しかし、日本もそうか。猛暑でサマータイム。もう、どうしようもないのか?

Gender studies programs to be banned in Hungary

The Orbán regime introduced legislation to shut down accredited gender studies programs offered by universities in Hungary. Academics now have 24 hours to respond to the government’s plan. The ban will primarily impact students at Eötvös Loránd University in Budapest (ELTE)–the only institution in Hungary, other than Central European University, to offer gender studies at the graduate level, and the only one to provide this program in Hungarian.

続きを読む "ジェンダー学科を禁止?ハンガリー、猛暑なのか?" »

2018年8月 2日 (木)

堂々と女性差別。

離職の恐れで女性医師敬遠、関係者「必要悪だ」

東京医科大(東京)医学部医学科の一般入試で、同大が女子受験者の得点を一律に減点し、合格者数を抑えていたことが明らかになった。同大出身の女性医師が結婚や出産で離職すれば、系列病院の医師が不足する恐れがあることが背景にあったとされる。水面下で女子だけが不利に扱われていたことに対し、女性医師や女子受験生からは「時代遅れだ」との声が上がる。

 「いわば必要悪。暗黙の了解だった」。同大関係者は、女子の合格者数を意図的に減らしていたことについてそう語る。

 この関係者によると、同大による女子合格者の抑制は2011年頃に始まった。10年の医学科の一般入試で女子の合格者数が69人と全体(181人)の38%に達したためだ。医師の国家試験に合格した同大出身者の大半は、系列の病院で働くことになる。緊急の手術が多く勤務体系が不規則な外科では、女性医師は敬遠されがちで、「女3人で男1人分」との言葉もささやかれているという。

続きを読む "堂々と女性差別。" »

2018年7月 6日 (金)

日常の中での、衆人環視の中での性被害。

 詳細は、ここを読んでください。

  今日の14時半ごろ、渋谷から山の手線に乗っていたら、私の前を6歳の女の子が通り過ぎた。そのあとすぐ、近くに座っていた男が彼女に小声で声をかけ、彼女の腰に手を当てて自分の隣に座らせた。そして、女の子の体や顔を撫でるように触り始めた。一瞬のことだった。

続きを読む "日常の中での、衆人環視の中での性被害。" »

2018年6月22日 (金)

a stay-at-home parent は「手伝う」ではありません。

 現職の首相でありながら、在職中に出産したのは、史上2人目だそうですが。
 ニュージーランドのアーダーンさん、おめでとうございます。
 ちっちゃい女のお子さんが元気に生まれました。

 朝日新聞は、NZ首相が6週間の産休取得の記事中、パートナーのゲイフォード氏が「育児を手伝うという」と報道しました。

続きを読む "a stay-at-home parent は「手伝う」ではありません。" »

2018年6月 9日 (土)

Gender Equality Top 100

The Most Influential People In Global Policy

続きを読む "Gender Equality Top 100" »

より以前の記事一覧

世界時計