2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。


散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

カテゴリー「書籍・雑誌」の266件の記事

2020年7月24日 (金)

息の長い運動に

Photo_20200724110501

 先日の都知事選ですが、それを機に自分が都政に対してあまり知らないことを知りました。

 関心のある一部の領域については、多少は知っているつもりですが、都知事選の争点が何なのかとか、政策論争なき選挙に慣れ過ぎてしまっています。

続きを読む "息の長い運動に" »

2020年5月15日 (金)

どこにもいない私。

Photo_20200515194701

 

 田中美津さんの代表作に、どこにもいない私、どこにもいない女性のことが出てくる。

 小説ではないが。

 マジカルグラマという語は、マジカルニガーから着想を得た言葉だとのことだが、どこにもいないおばあさん、という意味くらい。

 「かわいくて、愛されるおばあちゃんになりたい」とかいう人がたまにいるが、こういうのをマジカルグランマというのではないかと思う。

 ステレオタイプと言ってもいいのかもしれない。

 75歳の正子は、結婚前の若い頃に女優をやっていて、監督と出会い結婚した後は、子育てなどして、家庭にいたわけだが、夫とはここ5年は口を利くこともなかったという家庭内別居状態。実際、豪邸なので、夫ははなれに暮らし、顔をあわせることもなかった。

 正子は、自活する見通しを立ててから、離婚しようと、女優としての復帰にかけ、おばあちゃんの役を得るために、実際よりも老けた見た目にするのであった。

 マジカルグランマを演じたCMで一躍有名になったのに、夫の家庭内孤独死へのコメントから、好感度を劇的に下げて仕事を失っていく。

 この作品では、マジカルグランマのほかに、マジカルゲイなど、人々が作り上げる、どこにもいない存在のことがうまく描かれる。

 

 

続きを読む "どこにもいない私。" »

2019年6月 8日 (土)

「マーケット感覚」かぁ。

Photo_2

 最近、続けざまに、ちきりんさんの著書を読んでいます。

 本書は、知識を得るというよりは、考え方を学ぶという種類のもの。

 たぶん、閉塞的な発想になっているときに、目を開かせてくれるようなものだと思います。

続きを読む "「マーケット感覚」かぁ。" »

2019年6月 2日 (日)

徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと

Photo_1 

 「ちきりん」さんのことは、目にしたり、耳にしたりはしていましたが、ちゃんとわかっていませんでした。

 別の似た方と同一視していたり・・・。

 そんなことで、いくつも著書を出されているのですが、本書を見るまで、著者の存在そのものをきちんと認識していなかったのでした。

 本書は、今、ベストセラー入りしている新刊書です。

続きを読む "徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと" »

2019年5月30日 (木)

ことことこーこ

Photo

 ずいぶんと前に図書館に予約し、ずいぶんと待って、少し前に借りて読むことができました。

 大変人気がある模様です。

 あまりにずいぶん前なので、この人(=私)は、なぜ予約することにしたのか、本書の情報も含めて忘れてしまっていました。

続きを読む "ことことこーこ" »

2018年6月16日 (土)

『ママだって、人間』『母がしんどい』

Photo

 かなり率直な表現で、妊娠から出産に至る自身の変化を描いておられます。

 突然キレたり、情緒が激しい方のようで、びっくりしましたが、その背景には、著者の母親との関係が強く影響していることも書かれます。

 ちょっと信じられないことが多いのですが、そういう母もいるのでしょう。

 毒親とか毒母とかで、最近、自分の母や親を批判してもいい風潮が出てきました。

 このこと自体は、AC運動の盛り上がりのあった2000年前後くらい(?)と似ているように思いますが、そのときは、愛されるべき子どもの時代に、愛がなかったとか、足りなかった話だったように思います。

 でも、今の毒母・毒親との関係で苦しかったことを語りだしたブーム(?)は、むしろ、間違った愛され方というか、親のほうでは、愛ゆえの行動としているだろうことが、うける子どもには非常に苦しいものだということを言えるようになった、という点で、かなり画期的なことだと思います。

続きを読む "『ママだって、人間』『母がしんどい』" »

2018年4月 4日 (水)

『旅人の木』、初期の作品ぽいです。

Photo


続きを読む "『旅人の木』、初期の作品ぽいです。" »

2018年4月 3日 (火)

うまいです。

Photo


『父 Mon Père』

続きを読む "うまいです。" »

2018年4月 1日 (日)

エッグマン 【追記あり】

Eggman


エッグマン 単行本 – 2017/10/6
辻 仁成 (著)

続きを読む "エッグマン 【追記あり】" »

バルト3国

 北から、エストニア、ラトビア、リトアニアです。

★エストニア★

 フィンランドとの間にあるフィンランド湾の対岸からは、フェリーで2時間ほど。

 13世紀、現在のタリンにデンマーク王が十字軍を率いて侵攻する。

 ハンザ同盟に加盟し街は繁栄するも、デンマーク、ドイツに続き、スウェーデン、ロシアに支配される。

 1918年に独立を宣言するも、1940年にソ連により併合。

 ドイツ軍の侵攻を経て、1944年には再びソ連に占領。

 独立の機運が高まった1988年、「歌の広場」に約30万人が集って歌うことで独立を訴え、1991年に再び自由を勝ち取る。

 2004年にEUに加盟。

 スカイプを開発するなどIT先進国だそうです。

 食べ物は、黒パン。

 ユネスコの無形文化遺産に選ばれた「歌の祭典」と「踊りの祭典」がある。選ばれたのは、2003年。

 ハープサル(地名)では、マッド・トリートメントが有名なリゾート地。

 ムフ島では、ムフ刺繍が有名。


★ラトビア★

 バルト三国のうち、中央に位置する。

 首都はリガ。

 13世紀にはリヴぉニア騎士団、ドイツ騎士団により支配される。

 ハンザ同盟に加盟。

 商業都市として発展するも、16世紀以降はポーランド、リトアニア、スウェーデン、ロシアに次々と支配される。

 1918年の独立宣言後は、めざましい発展、リガは「バルトのパリ」。

1940年にソ連に併合。

 ドイツ占領下から、1944年にソ連の支配。

 1991年に独立を回復。

 2004年にEU加盟。


 はちみつが名産。

 リガ観光スポットには、「猫の家」がある。

 幸運をもたらすと言われるカエルのオブジェ。

 ラトビア人は花好き。特別な記念日でなくても、花を贈る習性。

 魚もよく食べる。

 ユーゲントシュティール建築が有名。これは、アールヌーヴォーを意味する。

 冬至の日に開催される冬至祭。

 1年の厄を集めるために、ロープにくくりつけた丸太をひきずって、行列で歩く。ラッパや太鼓、鍋蓋のシンバルなどで、邪気を払いながら歩く。

 最終目的地に着くと、丸太は燃やされ、その周りで踊る。

 丸太を燃やすことで、厄を払い、幸福を呼び込む。
 

続きを読む "バルト3国" »

より以前の記事一覧

世界時計