2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Chabo!応援してます。

  • Chabo!応援しています。

散歩の収穫。

  • こういう色もよいですね。
    散歩をしていて見つけた風景や動植物を記録しておくアルバム。不定期だけど、できるだけ更新を目指す。コメント歓迎。

田舎の風景

  • 東京に戻ります。
    2008年9月8日~11日までの、田舎での時間。

カテゴリー「経済・政治・国際」の118件の記事

2017年8月 8日 (火)

続・感想

 

ここの続きなんですけれども。

  裕福な上の世代の方々は、もう経済成長しなくてよい、とおっしゃるが、団塊ジュニアやロスジェネは、経済成長が必要なんだ、と強調しているところも、共感を覚えました。

続きを読む "続・感想" »

2015年6月25日 (木)

今月読んだ本の一部(6月)



 刊行された当時は、きっと、もっと注目されて話題になっていたのでしょうが、流行りに疎いこの人(=私)としては、最近、何かで見かけて、興味をもちました。

 それで、すぐに読むことができたのが、この2冊です。

続きを読む "今月読んだ本の一部(6月)" »

2015年5月14日 (木)

全国都道府県知事会が「第4次男女共同参画基本計画に関する提言」をお出しになりました。

えっと、ここ です。

続きを読む "全国都道府県知事会が「第4次男女共同参画基本計画に関する提言」をお出しになりました。" »

2014年5月29日 (木)

「個人と企業の持続的成長のための働き方改革」が発表されました

 28日付です。

 プレゼン資料は、ここです。

続きを読む "「個人と企業の持続的成長のための働き方改革」が発表されました" »

2014年5月11日 (日)

Weekly Address: The First Lady Marks Mother's Day and Speaks Out on the Tragic Kidnapping in Nigeria


 今日は「母の日」でしたが、こういうタイミングで、こういうスピーチというか、談話というか、なんだろう、statement(?)を発表するセンスが素敵だと思いました。

 日本も、救出隊などを派遣することができなくても、せめてstatementくらいは出してもいいと思うんですが。政府が。

続きを読む "Weekly Address: The First Lady Marks Mother's Day and Speaks Out on the Tragic Kidnapping in Nigeria" »

2014年5月 8日 (木)

Malala Yousafzai urges us not to ignore missing Nigerian schoolgirls

 なにゆえ、こんな不条理に巻き込まれなければならないのでしょうか。

 ナイジェリアで、200人の少女が学校から集団で連れ去られたというニュースです。

 パキスタンで女子教育の重要さについて運動していてタリバンに撃たれたマララさんも声明を出しています。

続きを読む "Malala Yousafzai urges us not to ignore missing Nigerian schoolgirls" »

2014年5月 4日 (日)

「世界の果ての通学路」、今まさに上映されているようです。

 仲良しのmiauleuseさんがコメントに書きこんで教えてくださったドキュメンタリー映画の情報ですが、せっかくなので、ここに紹介します。

 miauleuseさんのコメント(ここ )も併せて読んでちょ。

続きを読む "「世界の果ての通学路」、今まさに上映されているようです。" »

2014年2月 1日 (土)

国と国との対立が家族にもたらすものについて考える~かぞくのくに~

かぞくのくに [DVD]

(ネタばれもありますので、注意してください。)

続きを読む "国と国との対立が家族にもたらすものについて考える~かぞくのくに~" »

2012年11月28日 (水)

女性は日本を救うのか?

 「女性は日本を救えるのか?」

 IMFのワーキングペーパーです(ここ)。

 まだ読んでいませんが、一応、ここに記録しておきます。

続きを読む "女性は日本を救うのか?" »

2012年11月20日 (火)

3割を超すことの意味について、考えてみたいもんです。

三割の壁
上野 本の中で、変化の一つの指標が「女性総合職採用比率が三割を超すこと」とありますが、この数字にとても興味があります。私はマスコミの女性採用比率をじっと見ていたのですが、九〇年代に大手新聞社が急速に女性社員の採用比率を増やし、順調に伸びていったのが、二割を超して横ばいになった。ロザベス・カンターという女性の経営学者によると、三割というのは組織体制を変える数だと言うんです。
海老原 私もそのような気がします。
上野 企業の関係者に「おたくには、女子枠ありません?」と聞くと、「はっきりしたことはわかりませんがあるんじゃないですかね」という答えが返ってきます。ですからおそらく三割以上には増やさないという暗黙の抑制があるのではないかと思います。
海老原 グラスシーリングはありますね。一部上場企業の新卒総合職に占める女性比率は二四%。アパレルのようにたくさん女性を採用する会社を除けば、実際は、実質二割を切っていますよ。一七~一八%じゃないでしょうか。
上野 増えても三割が壁になるという感触があるのですが。
海老原 その理由は簡単です。三割近くになると、女性を内勤に寄せられなくなるからでしょう。実際には、男女別のキャリアパスを築き、4R(HR〈人事〉、PR〈広報〉、IR〈財務〉、CR〈お客様相談〉)と呼ばれる女性が多い職場に偏らせている企業が多い。三割を超えたらそれができなくなり、男性主体の職場にも配属せざるを得なくなる。そこが分水嶺になると思うのです。
上野 そこが変わると、組織体質が変わる。女性のプレゼンスが増し、これまでのホモソーシャルな情報の回路が成り立たなくなるんでしょう。
海老原 揺れが起きます。
上野 三割の壁を超すかどうかが一つの分岐点になる。それには同感です。

続きを読む "3割を超すことの意味について、考えてみたいもんです。" »

より以前の記事一覧

世界時計

  • 世界各都市の場所をクリックすると(オレンジのポイント)、現地日時を表示します。